FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年9月29日(金曜日)、天は僕にちょっと意地悪、かも(笑)。
2006年9月30日6時14分、明けて日付は土曜日になっている。まぁだ自宅で仕事中なんですよ。
今日のサービス残業:

OK牧場は仕事のほうもそこそこ快調で、ついでに到来物のタラバガニも捌いてみんなで食べた。美味しい。事務所はだいたい25時に解散して、ひとりで明日の準備作業をこなして「さあ帰るか」と思った25時30分、とっくに帰った女の子から電話。「財布を忘れちゃったんですけどどうしましょう」というので、しょうがないから待っていてあげることにする。ほんとは速攻で帰宅して別件のお仕事をする心算だったのだが、まあしかたあるまい。

というわけで、冷蔵庫に余っていたタラバガニの足で味噌汁など作って、ビールなど飲みながらのんびり待つこと30分強、タクシーでやってきた女の子にはお財布を渡して、自分はお腹いっぱいになって自転車帰宅したら午前3時。


今日の道案内:

でもチョコレートとコーヒーくらいは仕入れておくかってんで、近所のコンビニまでちょいと出る。五の坂下のサンクスですね、って判りませんね。ついでに缶チューハイなども買い込んでレジを打ってもらっているところに、地図を広げたおっちゃんが入ってきて、店員さんに「目白大学というのはどこですか?」と聞く。レジのお兄さんはジモティではないようなので、僕が代わりに教えてあげようってんで店外に出てみたら、おっちゃんは4トントラックを東向きに停めていた! 目白学園ってば後ろだよ。Uターン? 無理だよなあ、ここじゃあ。しょうがないからトラックに同乗してあげて、五の坂下から二の坂下まで行ってから一の坂を上がって山手通りに出て、北上して新目白通りとの立体交差を左折して、すぐの路地を左折してから三又商店のところの五叉路を西南西に入ってしばらく行くと、はい目白大学。こんなもん口頭で説明できっかっての。

その目白大学に箪笥だか書庫だかを納入する業者さんだったのだが、肝心の目白大学の正門は閉じていて人の気配もなし、インターフォンも反応なし(何故か僕が調べていたなあ)。でもまああんまり付き合っていてもしょうがないので、丁寧に御礼を言う山形から来たおじさんに「久し振りにでっかいクルマに乗れて面白かったスよ」と言い置いて去る謎の好青年は、六の坂を下って3分後には自宅に戻っていたのだった。この時点で午前4時半だよ、参ったね(笑)。


今日のお仕事:

たいした苦労もないテープ起こしが、でも90分ぶん。45分ぶんをやっつけたところで休憩中にここまでの文章をとっとと書いたわけなんだけど、これって休憩として成立しているのだろうか。まあいいか。時刻は6時24分。


2006年9月30日8時31分、作業終了。メール納品も完了。

えーい、今から中野郵便局まで行ってアレ受け取って、ついでに東中野ライフで酒でも買って帰ってきてやるぅ。そしてアレ読みながら呑んで寝る、と。


※9時9分追記。
昨日、佐川急便から差出人名「ハワイアン」という宅配便の不在票が入っていました。ハワイアンじゃ判んないけど、でもたぶんあそこだと思うんだな。それでいま再配達を頼んだら「12時から15時の間」というのが最速らしいので、なんだよ15時まで寝られねえのかよ俺はよ。ぶつぶつ。本格的に飲むしかないなあ、どうやら。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy