FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年7月27日(木)、鮎を焼く。
串焼き・ろばたコンロ 今日も今日とて、ウクレレを弾きながら天然鮎の炭火焼きの街頭販売。串の刺し方、塩の振り方、火加減、焼き方、我ながら大したものだ。もちろん店の大ママの指導によるものだが、こんど七輪でも買ってくっかな。

焼き加減のほうがまだよく判断できないもので、しょうがないから焼けたっぽい鮎を齧ってみる。なるほどね、美味しい(大ママの居宅近くの那珂川沿いで獲れた天然物なのだそうです)。

つうか俺がぱくぱく食べててどうすんの(笑)。でも売上もそれなり。


ふだん200がところのアクセス数が昨日は800超を数えたこのblogですが、今日になったらやっぱりちょうど256(←レガシーまるだし)でした。

察するにどうやらカウンタの故障かなんかなんじゃないのか。今日のアクセスはいつも通り21時から26時あたりに集中しているわけだし(誰が読んでるんだ(笑))。


唐突ですが、太りました。まあすてき。

体重は変わっていないんですよ。60kgあたりを中心に前後3kgくらいは1日で動きますけどね、増量傾向があるとかそういうことはないんです。ないんですけど、なんか下腹と腰回りに肉がついてきたような気はするの。なんとなくふっくらとしているの。

どっちから来たんだろう、上の筋肉(胸筋とか)が降りてきたのか、あるいはお尻のあたりの贅肉が「実は僕は私は腹の肉だったのだ」とか思い込んで登ってきたのか。人体最大の脂肪の塊は一般に脳だが、まさかそんな。

いや、「儂は脳やめて腹にたまって老後を過ごすもんね」と脳細胞が思ったとしてもそんなに不思議はないのだが。どうせヒマなのは一緒や。

いちおう「四段腹筋」とかは始めてはいるのだが、なんからくちんに腰回りの贅肉を落とす手段はないかね。あと腕立て伏せとかも始めてはいる。大胸筋が太れば腹は目立たなくなるであろうという理屈。とりあえず太った俺は俺ではないので、方策は探る。


キム・ベイシンガー/セルラー 大好きなラリー・コーエンがストーリーを担当しているDVD『セルラー』をレンタルで観る。

見終わってからちょっと調べて、え? あのおばさんってキム・ベイジンガーだったの? とか思ったんだけど、まあいいや。あとほぼ主役のムーニーの顔がわりと面白いとか、どうでもいいですね。


フォーン・ブース 悪魔の赤ちゃん
ラリー・コーエンは、『別れのワイン』も『空の大怪獣Q』も『悪魔の赤ちゃん』も『マニアック・コップ』も『フォーン・ブース』も好きだ。なにやら芯のあるところと、妙なところでプロットに凝るのと、妙な凝り方をするのに全体を見渡すとストレートないい話になっているところが好きなのかな。いま40秒で考えて書いてみましたが、そんなに間違ってはいないと思うの。

『セルラー』については、焼酎飲みながら英語版で見たら途中でよく判らなくなったものだから(ばかでーす)、今日は日本語吹替版+缶チューハイで観てみてだいたい判りました。ふむ。


吉右衛門。 深夜の帰宅時、家の前にいつものガマガエルさんがいて挨拶してくれた。梅雨も明けた(んだっけ)ことだし、ご自愛ください。こっちも踏まないように気をつけるさけ、また毎年の春ごとにお会いできますように。

明日は、夏の甍演奏会の打ち合わせで、高田馬場かな?
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
キム・ベイシンガーといえば、バットマンカーの助手席に無理やり乗せられて、運転者の顔を不安げに覗き込むシーンが好きでした。

戦前の(?)古いバットマンの映画を観たいコロ助です。
2006/07/28(金) 21:51:55 | URL | コロ助 #xCLWYxoo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy