FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


サッカー(日本 vs. バーレーン戦)。
スポーツ中継って観ないんだよね、俺。

ほら、酒は飲むし楽器は演るし映画は観るしたまに本も読むし、あちこち出かけるし(さいきんはヒッキーだが)、博打とスポーツ観戦を自らに禁ずることを律したのはけっこう昔のことだ。
どうやら最後にスポーツ中継を熱心に観たのは、夜中にふと目覚めてテレビを点けてみたら徒競走をやっていて、テレビを消して寝ようとしたところで谷口浩美の靴が脱げたあたりなんじゃないのか。あのあとの谷口浩美を観なかったら漢じゃない、くらいの感じで朝になってやんの。なんだ、けっきょく好きなことは好きなんじゃないか。

あとは「スキージャンプ・ペア」くらいだな、たぶん。それと、ナマは大相撲とボクシング(フライ級)に1回ずつ行っていると思う。人間って、殴られると殴られた部分が赤くなって、そのまんま腫れてくるんですよ。それくらいのことは知っている。




小学生のころにサッカー部にいたことがあって(ほーら、驚いた)、ルールはだいたい判る。オフサイドのルールって変更されたのかなあ、そのへんがよく判らなかったのだけれども。


試合をみて思ったこと。
  • 小学生時分に試合をしていたころより、なんか卑怯な手段が増えたこと(チャージに対して「痛がることが正しい」みたいな文化に見えたが)、
  • 観客がプロ野球なみに「かたっぽ応援」になっていること(「がんばれ」ではなく「勝て」になっていること)、
  • シュートが入らなくなっていること(たぶん僕に判らない技術的な理由があるんでしょう。オウンゴールがその証左になるのかどうかさえ判らない)、

といったあたり。

個人的にはもうちょっと正々堂々としたスポーツであってほしいんだけどなあ。ほら、高校野球で1塁のクロスプレーのときに、1塁コーチがかならず「セーフ」って手を広げるじゃない。ああいうのが貧乏くさくてヤだ。


少林サッカー デラックス版 (DVD)どうでもいいけど、「オウンゴール」っていう言葉があって良かった、んだろうなあ。ちょっと前なら「自殺点」だもんな、いくらなんでも気の毒すぎる。

あと、チャウ・シンチー率いる中国チームはなんで出場してないんだろう。観たいのに。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy