FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


のんべんだらり。
映画のタイトル:

先日はHawaiian Dreamで校長先生が「『オールウェイズ』を観にいく」ような話をしていて、なんで今ごろオードリー・ヘプパーンの遺作をなんて思っていたら、なんのこたぁない『三丁目の夕日』の話でした。だんだん映画のタイトルも難しくなってきたもんだなあ、なんて思ったことでした。

そういえば昨年だかに周ちゃんが「『The Day After』観たんだ」って言ってたけど、やっぱり『Day After Tomorrow』のことなんじゃないのかなあ、なんてずっと思っていたりなんかして。


映画『大怪獣東京に現わる』:

ヒマこいてgyaoで眺める。それなりにおもしろい。そも日本の「県別白地図」をきっちり埋める自信はないので、勉強にもなりました。そんで、映画評については措くとして、いくつか。

  • 第一の怪獣の名前が「ビヒモス」なのは、インドの海神の海神からの引用であろうが、まあどうでもいいや。ただ、同名の怪獣をタイトルロールにした映画があったことは記憶している。
    カメ怪獣のほうは、回転飛行をしているということは初代ガメラなんだろうなあ。初期には回転飛行をしていたものが、たしか「対バイラス戦」あたりで前肢噴射を封じられて以降は「金子スタイル」に定着していたような気がする。
    つまり、「かつての怪獣」をモチーフに持ってきたことはよく判るわけだ。

  • その怪獣が襲ってきてけっこう遠方の住民もびびっているのだが、この災害時のテレビ報道に字幕がない。まあ1998年の映画だからしょうがないのだが、やはり当時あたりの「核燃料漏れてるから家から出ないでね」通告を受けられずにスーパーに行ってみたら誰もいなかったという聴覚障害者の不幸を思い出すわけさ。
    えーと、耳が聴こえない場合に、新聞がこなくて回覧板がこなければどうなる? すぐに判りますね

  • 映画の不備を言うならば、怪獣の享年が285歳であるわけがない。根拠があれば示すべきだし、根拠がないならば285年前での記録なりと示すべきであろう。

  • ライブを演ってた兄ちゃんたちは、まあ演るよな。俺も演る。タイタニックで沈みがけのバンドも演っていた。プロは引き受けたライブから逃げることはあり得ないわけで(だから俺はアフタヌーンの名古屋にもいたわけだし)。
どうでもいいけど、そっちのオチに行くとは思っていませんでした。どうりで「このサブリミナルみたいなイルカのショットはなんだろう」と思っていたわけだ。いっぱい食わされました(ちなみに、こないだのウルトラマンマックス最終回と同じテーマでしたな(笑))。
写真がない:

僕については、アルバムに貼るようなスナップ写真が、そういえばないな。
ここ10年がとこ、ライブのステージ写真しかないよ。いいんだけど。

Zirconsの最悪男は「知り合いは全員トモダチ」とも言っているし、俺は「知り合いは多いがトモダチは皆無」とも言ってはいる。単独行動だったら、そりゃ自身の写真はないわな。

まあ、そんなもんだろう。あとは現象面で見ていくわけだね。


明日は、早起きしてテープ起こし。
昼、中野で打ち合わせと集金とメシ。

というわけで、起きてから7時間しか経ってないけど就寝するとしましょう。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy