FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


いちゃもん。
ラヂオの時間 スタンダードエディション エアチェックしておいた『ラヂオの時間』で、モロ師岡の「バッキーさん」はウクレレを片手に登場するのだが。これ、「バッキーさんならウクレレでしょう」っていう洒落だよな。1997年だかの劇場公開時に観ているのに、ぜんぜん気づいていませんでした。ちょいと悔しい(『みんなの家』の『JAWS』には、三谷幸喜がネタばらしする前日に気づいたのになあ)。

そういえば、クドウさんがメインコンソールから出している指示は「一方通行」な筈なのだが、そんなことはどうでもよかろう。


『夢魔の標的』(7&Y) 星新一『夢魔の標的』(新潮文庫)、読了。

東京メトロの新中野駅で無料貸出になっていたものをお借りしましてですね、ありがとうございました。なるべく早急にお返ししますので、あとシステムがよく判らないのですが、なるべく人畜無害で面白いものを2~3冊くらいは寄付できるかとも思います。

星新一はけっこう中学生あたりまでは読んでいる人が多いようなのだが(僕は『ボッコちゃん』あたりで終わりか)、それ以降の年齢で愛読していたという話をあまり聞かない。なぜだろう。『ドカベン』だと「いわき東戦」までを読んでる人が多くて、「土佐丸戦」以降となると読んでる奴が皆無というのと似ているのかなあ。『エルム街の悪夢』も1作目とファイナルしか観てないのが多いようだし、僕も『STAR WARS』は4、5、6ときて1の半分で終わった。『スター・ウォーズ』のエピソード1はくだらなかったからいいんだけど。

まず驚いたのだが、長編でした。星新一なのに。それと読了してから知ったのだが、後期の作品かと思っていたら昭和39年(1964年)刊だったのね。初期もいいとこやんけ。まあ主人公が腹話術師でアパートの大家さんが電話の取り次ぎに来てくれて、おそらくはオープンリールの録音機が最先端技術だったりする時点で気づけっつーの俺。

さすがに星新一だものだから40年後に読んでも古くさいとかいうことは全くなくて。そうさのう、先発のジャック・フィニィ『盗まれた街』とかジョン・ウィンダム『呪われた村』を意識しているところはあるのかもしれないが、侵略者が「身体まるごと入れ替え」とか「後継者育成」とかに走らず、意外と穏健な手法でやってくるあたりは新鮮なのかも知れない。
つうかさ、『盗まれた街』(1955)にしても『呪われた村』(1957)にしても(ジョージ・パル版『宇宙戦争』(1953)にしても)、明らかに「アカが隣にやってくる」ことの恐怖か嫌悪感を描いてるでしょ? まだ高度成長でイケイケドンドンだった時代に、なんでこんなデストピア小説が書かれたのだろうか。そのへんがよく判らないんですけどね。


【DVD】ハイパーセレクション魔女の宅急便 これも録画しておいた『ウルトラマン・マックス』を眺めていたら、少女に化けたバルタン星人が漁村の少年と一緒に「ほうき」に乗って空へと舞い上がるのだが(自分で書いていても清々しいほど嘘くさい)、やはり柄のほうを先にして跨がっていた。だからさあ、ブラシ(というのか穂先というのか)のほうを先頭に持ってくるのが正式なんだってば。『魔女の宅急便』以来というわけでもなかろうが、みんなが間違えている。母のベルリン土産の「鉤鼻魔女人形モビール」(どんな需要があるのか全く判らん)でも魔女全員が向きを間違えて跨がっていたもので、20人がとこを全員分解して直してやったぜ。ハリポタ? 観ていませんから判りません。
刑事コロンボ 完全版 Vol.10 野望の果て/別れのワイン 昨年だったかに脚本が大好きなラリー・コーエンだったことを発見して吃驚した刑事コロンボ『別れのワイン』なのだが、なんでエイドリアン・カシーニがエアコンのスイッチを切らなければならなかったのかが未だに判らないのですよ。原作本(というかノヴェライズ)も行方不明だしなあ。あれさえなけりゃ捕まらずに済んだのになあ。

「捕まらずに」と書いたのは、コロンボの手法だったらアメリカの司法制度(というか司法慣習)ではほぼ有罪判決は不可能だからなんだな。石上三登志さんがそのへんは解説されていたようにも思うし、こまかい証左としては古畑任三郎で「小石川ちなみが無罪になった」というギャグがありました。

関係ないけど、ドナルド・プレザンスは本作で僕のヒーロー(というか当時は役者で映画を択ぶしかなかった)に成り上がったものが、後にナンシー・アレン(離婚後だろうか?)と組んでインチキなホラー番組とか作ってて悲しくなったのも今となっては以下略。まあピーター・グレイブスとかも似たような仕事をしてるしな、『ハロウィン』以外にチャンスがなかったという話もあるのだろうかしらん。僕が『別れのワイン』を覚えているから、だいじょうぶ。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy