FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


距離感。
以下、意見ではなくて感想なんだが。

たとえば某所での趣味の集まりに関するオンラインのネットワークなのだが、これがパブリック・ドメインではなくてSNSの『mixi』のほうにほぼ重心を移していて、mixi参加者でなければ最新情報には触れられないようになっている。繰り返すが意見ではなくて感想なのだが、オープンたるべきイベントにとってこれがいいことなのかどうかは僕には判らない。ただ、SNSの利点たる極端に言えば「仲間うちであること」が「オープンであること」を制限していることが、トータルで眺めたときに利点であり得るのだろうか。



いや、たいした話じゃないんだけどね。某所では参加者同士の「マイミク率」は高いとも思うし、だいたい携帯電話で参加できるし、充分にオープンでもあるも思うのだが、やはり白紙の状態から参加しようと思った場合に、オープンなサイトから様子を見ようとするとBBSがエロばかり、という現状はちょっと違うんじゃないか。と今日思いました。スタッフが無償で頑張ってやっているのは判ってもいるのだが、やはりマズいでしょう。
話を少しデカくすると、たとえば中東ででっかい石づくりの仏像が爆破されたことがありました。西洋文明としては「文化遺産になんてことを」って感じの反応があったわけだが、爆破したほうの人たちとしては「偶像崇拝は禁忌なんだってば」という想いがあったわけでしょう?

「mixi内で便利」というのと、「西欧文明圏で便利」というのは、本質としてなにも変わらない。想定された範囲の(それは皮一枚であっても)外側にいる人がどう思うのだろうかという想像力が、やはりそこには感じられない。
たとえばムハンマドの風刺画について西欧圏での揶揄が拡張しているのだが、西欧圏での錦の御旗が「表現の自由」なんだからしょうがねえだろう。「民主主義こそが正しい」なんて誰が決めたんだ。僕としては、正当な理由もなく人さまの国を占領しておいて「はい、民主主義ですよ」つうて碌な周知もなく「民主的選挙」を無理実施しているアメリカと区別がつかない。


ウクレレ教室のセンセーなんかをしていると、「あたしはこれくらいでいいんです」という生徒さんがよくいらっしゃる。

なんとなくさりげなく誘導して、「ほら、もっとできるんですよ、面白いでしょう?」というほうに持っていく局面はよくある。

それで生徒さんが伸びるか引っ込むかは僕の判断には因らないし、でも「こうやると面白いよ」ということは、そういう僕の考えは生徒さんに伝えるべきだとは思うのね。


あるコミュニティのSNS化は、
  • 新参者の参入を阻害するし、
  • その哲学は人の成長を阻害するのではないか、
なんてちょっと思ったわけです。

SNS化されるコミュニティのうちのある程度の数が「レベルを上げるために」選択されたであろうこともじゅうじゅう承知してはおりますが、ストレートに「あ、こっちのほうが便利だぁ」として多数を切り捨てている例も多いように思うのですよ。


たとえば、日本の聴覚障害者向け情報保障市場は、全難聴高岡と全要研太田の「奴隷以外排除」方針で衰退しています。してないってんだったら根拠を挙げて言ってみろバカ、アメリカの高岡と太田。

そして、「気に入らない奴を排除するシステム」というのと、「気に入る奴だけが参加できるシステム、を選択するシステム」はあまり質的に変わらないんですね。

個人的には気に入らねえ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
歴史は繰り返すなぁ
いえ、感想なのですが。

十年ちょっと前にケータイが趣味の仲間内で普及していった時に、様子見していたら情報やらお誘いやらが徐々に入り難くなって、慌てて買いました。それまでは固定電話と現地での会話で充分間に合ってましたのに。

インターネットやメールに関しては、パソコン通信以来の私は逆に早い方ですが、壁を作っちゃってるかな、と思う事がほぼ無くなったのは、割と最近。

mixiはムラ的な仲間意識とそれに依る安心「感」がウリだと思っていますが、ケータイやPC+ネットの様な新たな出費(これはこれで壁)を強いない代わりに、招待を受ける必要性と、準不特定多数にプライバシーの一部を公開という心理的な負担が必要。

「オープンな方が好き」文化圏に属している私ですが、利便性には強く左右されてきました。普及度合いを過大視せず多様性を重視、という感覚だけが歯止めですねぇ。

あぁでもSNSの場合、ケータイやネットと違って、本質的にオープンでないですね。参加者が増えるほどSNS的じゃなくなるという制限を中心に抱えているから。だから私は今ひとつ馴染めないンダナ。
2006/02/10(金) 09:40:59 | URL | さきむら #qbIq4rIg[ 編集]
たまに。
メールアドレスを持っていない生徒さんというのがいらして、ファクスとかハガキで対応しようと思えばできないこともないんだけどけっきょくセンセーがめんどくさがって、結果的に生徒さん間のデジタル・デバイドがエラいことになっていたりもするのでした。

どうにもいけません。
2006/02/10(金) 23:57:51 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy