FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2006年1月29日、のんびり。
音羽屋の社長から業務連絡メールが来たもので、お返事ついでに「今日の僕はテープ起こしをしたもんでしょうか」と聞いてみたら「明日やればいいんじゃない?」とのお返事が。悪魔の囁きってやつですね(笑)。
Schick Super Grip 東中野ギンザのセイジョーで、ライフより安いかと思ってヒゲソリなど購入。使い捨てのやつ。僕の髭なんか和毛にこげみたいなもんですからね、なんでもいいの。ふだんは貝印製品を使っていたのだが、さいきん「Kai Razor」とか洒落た名前になっちゃったものだから、じゃあってんで思いっきりバタくさくSchick製品を購入、208円。それでヒマこいてライフで同製品の頒価を見てみたら、207円。ライフの勝ち。頼むよセイジョー、200店舗達成できないぞ。

ところで、そのスーパーグリップというブランド名で、「シャープな剃り心地」ってのと「やさしい剃り心地」ってのがあるんだけど。違いが想像できないのだが、どなたかお判りだろうか。


というわけで、ライフで甘塩鱈の切身とか糸蒟蒻とかを購入、今夜もまたお鍋。ここんとこの晩飯は助宗鱈→生鱈子→鮟鱇→鱈→牡蠣→鱈とずうっとお鍋漬けで、なにしろ毎日ネギだの糸こんだの春菊だのまいたけだのが余りやがるものだから他の料理にシフトできないのだな。いや、らくちんだし美味しいし、とくに文句はないのだが。

助宗鱈、散乱:

先日のニュースから(リンク? しねえよ)。

今日は北海道で、生のスケトウダラを運んでいたトラックが道路20kmにわたって10トンのスケトウダラをおっことしてしまい(『ヘンゼルとグレーテル』ですね)、あとがたいへんクサかったとか「住民は拾ってウハウハだった」とか、そんな話。計算してみたら、1メートルあたり500gがばらまかれていたような。もったいないなあ、道ぺたで拾いたかったなあ(←当然の感想であろう)とかは思うんだな。


博多 鳴海屋のめんたい ところでこのスケトウダラというのはスケソウダラとは違うものなのかなと思って調べてみたら、同じものでした。とうぜん助宗鱈も同義。

それで、ご案内の通り、この助宗鱈は鱈子たらこの母でもある。タラコは、韓国語では「ミョンテ」と読む。表記は「明太」であり、すなわち博多名産「からし明太子」の語源なのだな。

元締が「なんでタラコにカラシを混ぜちゃったんだろう」と言っていたのだが、からし明太子ってつまりキムチのいち変種なんじゃないの?という推理がいきなりでてきて、けっこう楽しい。
これもご存知だろうが、韓国産のキムチではアワビやイカなどの動物性蛋白質を漬け込むのは常識なんだな。試しに、本場もののキムチを買ってきて、ちょっと食べてからイカソウメンでも混ぜて1日置いてみ? これが滅茶苦茶美味いので僕はよくやります。お茶漬けにしても美味しいし、ちょいとお薦め。

その漬け込んでおいた明太子を取り出して単体販売してみました、という路線は成立しないだろうか。辛子明太子が乳酸発酵しているものなのかどうか、こんど調べてみようなどと考えるヒマな日曜日の午後。


きっと勝つ:

ネスレ キットカット チョコレート箱(2袋入)(2フィンガー×2パック) 電車に乗ったら、車内の広告がぜんぶKit Katで、ぜんぶ「受験がんばれ!」の応援メッセージでしたな。この車輛に乗り合わせた受験生は運がいいと思う。いや、高校受験のときに母の実家から千歳船橋駅に向かうみちみち「現状で具体的な解決策はないよなあ」なんて考えていた中学生の自分を思い出すわけですよ。

聞いた話で、どっかのコンビニの店員さんが「キットカット」の脇に「きっと勝つ!(受験がんばれ!)」という小さなディスプレイを置いたのが地元で評判になって、次の週には全国展開していたという逆『あきれて物も言えない』みたいな説があるのだが。

原作は「きっと勝つと!」で九州発生だ、というのはほんとうなのだろうか(すげぇウソくさい。俺が考えたんだけど)。


もっとついでに、ハーシーでもキットカットが出ているのを発見。ネスレとの資本だか免許だかの関係がよく判らんと。普通名詞ってこともなかろうと思おうもん。
キング・コングができるまで 製作日記 ◆20%OFF! 『キング・コングができるまで 製作日記』、観ても観ても終わりません(笑)。ぜんぶで4時間あります。まだアンディ・サーキスもリック・ベイカーも出てきません(半ばだからな)。

いや、ものすごく楽しいんだけど。


明日は、お仕事。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy