FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


ジェームズ・ヒルのワークショップ。
JAMES HILL(ジェームス・ヒル)FANTASY FOR 'UKULELEカナダ在のウクレレ・バーチュオーゾ、ジェイムズ・ヒルのワークショップがHawaiian Dreamで開催されたもので、お手伝いと称していそいそと見物に行ってみました。

ほぼ1年半ぶりに会うジェームズが、会うなり僕を認識したのには驚きましたな(「Hi, Revi-san」だって)。前回はツンツンの金髪にサングラス、今回はえーと「いい人のコスプレ」のウェーヴィ・ロン毛に素通しメガネ(笑)。やはり一家を成す人は見るところが違う、のかなあ。そうかなあ。


ワークショップの内容をざっくり書き出しておきます。思い出したときに追記するのがよかろうかと。




全体としては、簡単な曲を素材としていろいろなバリエーションを加えていくという形でした。

ミュート(左手の空いた指使用、ハイコード使用)、
ストロークの後に、左手の4指や5指を軽く弦に当ててミューとする。ハイコードの場合には、軽く指を浮かせてミュートする。
ストローク(1指ダウン、1→2の肉球ダウンアップ、2→1→2の3連、といったあたり)、
1ダウン(肉球使用)でミュートを併用したストロークでは、ジャズっぽい響きが得られる。
1→2のダウンアップも響きはやわらかい。
3連は、2→2のダウンアップに1ダウンを足して2→1→2とする。

オルタード・コード(単に5度を足すとか、ポジションをまるっぽ変更するとか)、
たとえば0102のFを3102にしてもF。間違っても構わないからいろいろ足してみると面白いよ。
左手は押さえ直すのではなく「ズラしていく」べし、
いちいちポジションを押さえ直すのではなく、左手指はスライドさせていくようにすると、発音がスムーズになる。
「耳は最高音を聴きたがる」、
メロディノートは最高音に持ってくるようにする。耳は勝手にその音をとらえてくれる(僕の考え方とは違うな(笑)。どちらかというと「動いた音を聴きたがる」ものだと考えているのだが)。

といったところでしょうか(落としたところがありましたらコメントなどくだされ>>そこのあなた)。


昨日のキワヤ商会でのワークショップも盛況だったそうで、両日ともいらしたPBの左のほうのかた(好きだねえ)によれば「内容もぜんぜん違った」のだそうな。あちらは「ピック奏法」も演ってみたり、こちらはアンコールで『スーパーマリオ』も演ってみてくれたり、ということなのかな。

キワヤさんにも行っとくんだったかな。


僕のやったことというと、

  • 開始前のチューニングにハーモニカを持ち出して手伝った、
  • ミキちゃんの同時通訳に、音楽家の立場としてときどき茶々を入れた(あとで某さんに「りびさん、英語できるんですね」って言われたのだが、楽器と食糧関連しか判りませんのでした)、
  • コードストロークの講習のときに、頼まれもしないのにメロディを弾いていた(ジェームスが「Thank you, Revi-san」って言っていたから問題あるまい。と思う)、
  • あとはおとなしく講習を受けていて楽しかった、
  • まったく弾く気のなさそうなプロモーション界隈の人に無理矢理ウクレレを貸し出した(弾いておられましたな)、
  • トイレに行っている間に集合写真の撮影が終わっていた(笑)、

といったところ。


笑えたのは、

  • 最前列が僕の生徒さんたちに席捲されていた。

いいぞ。それでこそ俺の生徒さんである。

ちなみに、ジェイムズ君に「君たちはりびさんの生徒なのか」とか、「ちょっとCrazy G弾いてみて」とかいろいろ聞かれたそうです。なんの興味があったのだろうかしらん。


終了後、生徒さんたちと代々木駅前の土風炉で軽く。「土風炉」をドブロと発音している生徒さんがいて、好感度高し。

東中野ライフで大根買って帰って寝る。


ほんとに「ざっくり」なもので、資料化のためにも追記はします。
※4月3日、ちょっと追記しました。


※2005年4月9日追記:
前日のキワヤ商会でのワークショップに参加なさった特派エージェントから報告がありました。
  • 速弾きに(ギター用)ピックをオルタネイトに使うことも有。
  • 弦は1~3がヒロ、4にギター用ダダリオ(Low-Gとして)。
  • 親指D(ダウン)+空U(急いでアップ)+人差指D、により軟硬の音色が混じったストラム。
  • 好きな三連は人D+親D+人U、小節の継ぎ目に使ったりする。
  • 演奏一曲目は目をつぶってもできる曲を選ぶ。

ふむ、ネタが多いのだろうが、こっちとカブっているところがあまりない。報告ありがとうございました。

これは書き忘れていたのだが、たぶんキワヤのほうではアメチュー(in D)だったようだが、Hawaiian Dreamのほうではin Cにしていましたな。3345を弾きながら「これはCか?」って訊かれた記憶があります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy