FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


ちんこまつり。
正確には「チンコールまつり」だろうか。

詳細は後述する。


T.M.Revolution西川貴教の年末恒例「野郎限定ライブ」なんだな。一昨年昨年に続けての3回目で、僕は皆勤賞。いやぁ、こんな馬鹿な催しがあるものか、非常に楽しい。

あ、事情をご存知でないかたは、この下を読んでもつまんないと思うぞ。


昼からの音羽屋さんのアルバイトに、ライブに向けた服装で出席する。
  • とうぜんサングラス。
  • セーターを着ているから見えないけど、下はチェ・ゲバラのTシャツ(Revolutionつながり)。
  • 靴は、昨年のモッシュの反省を踏まえてレッドウィングのワークブーツ。
  • 短髪はデップで固めてツンツンのバリバリのゴリゴリ。
あまり頭脳労働(だと思う)をする格好ではないのだが、まあいいでしょう。それで17時くらいに辞して、渋谷駅からAXに向かう。
18時の定刻に着いたのだが、入場を前倒ししたらしくてすぐに僕の入場番(170番でした)。元締に頼まれたTシャツを買って、ホールに入って、革コートとかセーターとかをくるくると脱いで持参の買物袋に詰めてそのへんの柱の陰に置いて、今年はホール後ろのほうの「ちょっと高くなったところ」の縁のバーに陣取る。いや、昨年は平フロアのモッシュに巻き込まれてたいへんな思いをしたもので、今年はちょいと体力的にラクをしようという魂胆なんだな。この時点で18時10分くらい。開演は19時(予)。

そこそこフロアも埋まってきた18時20分くらいから、もう「西川コール」とか「チンココール」とか「アニキコール」とかが始まっている。繰り返すが開演は19時なんだが。開演近くになってスタッフさんが楽器のサウンドチェックなんかに出てきたらもう大騒ぎでな、おそらくはスタッフの名前でのコールもあったものと思う。しかもぜんぶ「なーんとかっ、なーんとかっ」っていうコールと手拍子がアチェルランド e クレシェンドしていって最後はクラスタになって全員が大声で「うぉー」つって拳を振り上げるって、馬鹿だ。


開演前に、諸注意に関するアナウンスも流れる。

「携帯電話の電源はお切りください」、
「はーいっ!」(全員)、

「緊急時には係員の指示に従って避難してください」、
「はーいっ!」

「モッシュ、ダイブなどの行為はおやめください」、
(ちょっと待ってから)「はーいっ!」

「まもなく開演いたします、いましばらくお待ちください」、
「はーいっ!」
馬鹿すぎる。いや、元気があってたいへんによろしい。
「まもなく開演」のアナウンスと同時に、目の前の「低いほうのフロア」の群衆がざぁっと前のほうに流れて70%ほどに圧縮されて、目の前に開けた前後3メートルほどの空間にこんどは僕の後ろから人々が流れていく。
やがて本番。

ざっくり、馬鹿の総力戦でたいへんに好ましい。

  • 先に書いておくと、外にWOWWOWの録画車が来ていたようだし、会場には固定カメラがいくつかと、ステディ・カムみたいなものも視認した限りで4台ははいた。
    一昨年、昨年と、会場で聴いていても音響は無茶苦茶だったことがライブのソフト化を阻害していたものと思うのだが、今年はわりと音もまともだったしきちんと録れていそうでもあるし、ひょっとすると何らかの方法で動画と音声が公開される可能性もあるんじゃないかなあ。
  • スナオさんとシバさんのギター・ソロが、けっこう壊れていたようにも思いました。ふだんの共学ライブと較べるとソリッドでロック寄りな感じ、というのかなあ。シバさんなんかペンタトニック全開とか「ライトハンド演りたいだけ」とかいうフレーズもあったようにも思う。
    スナオさんに至っちゃ、西川さんが上手に行っちゃったと見ると下手の定位置で観客を煽る煽る。しまいにゃ中指立てそうな勢いでしたよ(笑)。
  • 曲目のほうは、イヤー・カウントダウンで演らなかったものが2曲くらい、かしら。イヤカンで演ったのに落ちたのも2曲くらいあったような(たとえば『Burnin' Xmas』は演らなかった)。
もとより西川さんに歌わされるのだが、昨年はキーをオクターブ下げてサボっている奴が多かったのだけれど今年は(俺の周囲に関して言えば)原調で真っ向勝負している奴らばかりでしたな。而してかなりヘタクソなわけだが、こっちのほうが好きだな、僕は。
いったんバンド全員が引っ込んでからアンコールがあって、ここで「チンコールっ!」という新しいフレーズが生み出されました。たぶん「ちんこコール」と「アンコール」が重合されたものだと思うんだけどな、そんなことはいい。西川さんが「この"ことば"をマイクで喋れるこの場が好きだ」みたいなことをですね。特にコメントはしませんが。

そして、西川さんが「引っ込まずにアンコールを演るというのでみんな驚いています」みたいなことを言って、アンコール延長。というか西川さんが勝手に決めただけじゃん、それ(笑)。


さらに、ほぼ終演でメンバー全員が素手で舞台縁に出てきて挨拶しようってときに、西川さんが「あれ? (お客さんは)まだ余力ありそうだな」みたいなことを言って、急遽(まちがいなく急遽)もう1曲の演奏決定!

場外では同時刻(21:15頃)に、出待ちの女子部に対して「もう終わりましたから」と言っていたらしいのだが、事実はその後にもう1曲あったわけだな。


終演後、情報収集に来ていた元締と門前で待ち合わせて、汗まみれのゲバラTシャツをさっき買ったオフィシャルTシャツに着替えて、そんで渋谷の戸炉やでメシ。

帰宅して、昨晩の残りの鱈ちり鍋などいただいて、と。
少しは喉が痛いのだが(声楽的な発声だったら問題ないんだけど、いかんせんキーがちょっととんでもなかった)、喋れないくらいで歌うについては問題ないのだから、まあいいや。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy