FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


12月26日、音羽屋。
そういえば昨晩のレイトショー『キング・コング』に、おそらく高校生らしいアベック(って死語かなあ)というかカップル(違うかなあ)というかペア(もう判らん)というかコンビというか番いが来ていて、かなりの確率でこれはお兄ちゃんのほうが誘ったものと思うのだが。待合で見るともなしに眺めていた感じではさほどステディという気もしなくて(これも死語かな(笑))、じゃあ回数の浅いデート? それでクリスマスの深夜(終演は23:50である)に『KING KONG』? 頑張れ兄ちゃん、俺がついてるぞ。と心のなかで応援している僕がいました。いやぁ、『エルム街の悪夢』とか『0ゼロ課の女 赤い手錠』とか『エイリアン vs. プレデター』とかチャッキーとかで若いころには似たようなスカタンをしたもんですよ、僕も。

頑張れ兄ちゃん、俺がついてるぞ。


今日は、さてお洗濯物でも干すかと思ったところに、音羽屋の社長からメールで「空いてるなら来ておくれ」ってんで出向くことにする。軽いアルバイトだと思っていたら、これではフルタイムとえらく違わないでは有馬兵衛の向陽閣。キダ・タローだったか。いや、午後出社がデフォルトという僕のために用意されたような職場でもあり、ありがたい話なんですけどね。

野暮用で銀行に寄ったらさすがに大渋滞していたり、中井駅前のSPIGAでペペロンチーノなど食べてみたり(500円均一でけっこう美味しいし、ドリンクバーが200円でカプチーノがまた美味しい。そも、テーブルにオリーブオイルが置いてあるパスタ屋さんは好きだ)、折からの冷たい強風で倒れた植木鉢を4つほど救助したり(デカすぎて諦めた直系1mほどの青磁に植わったトネリコが1つ。すまん)、いろいろありつつ15時くらいに音羽屋へ。
けっきょく21時過ぎくらいまでいたかなあ。えーと、DNAが膜でフィルタリングのクリアランスをですね、原稿整理してですね。僕は脳の燃費が悪いので、持参だの寄付だののチョコレートが進む進む(笑)。ほんとはもうちょっとてきぱきと処理できたほうがいいのだろうが、いちおう最終工程でもあるわけだからどっちかつぅと品質のほうを優先すべきなのだろうなあ。

いや、ちょっと前に社長から貰ったメールに「馴れれば倍くらいの速さで処理できるでしょう」とあったのがつまり「倍速で処理しろ」というご下命なのだとは思うのだが、社長にはもうちょっと我慢してもらおう。いちおう熱心には、やっている、心算。方針としては品質優先、たぶん間違ってはいない。

といいな。お勉強に付いていけないこどもみたいな気分だ。

音羽屋の近所にちょっといい魚屋さんがあって(後楽園から東大の先あたりまで北に向かう一帯が、僕は好きだ)、18時くらいに社長と散歩に出て(というか忙しいのに僕が魚屋さんに行きたがった!)、ほんとは助宗鱈か生鱈子で鍋でもと思ったのだが該当品はなくて(魚屋さんを非難することはまったくなく)、毛蟹千円と鮟鱇(捌)千円なら毛蟹でしょう。

書いちゃうと、1杯1,200円の毛蟹をですね、魚屋のおっちゃんが僕と社長を夫婦ものだと勘違いしたらしくて、「ひとり1杯千円、都合二千円にしちゃおうっ!」って言ってくれたんだな。「別で包んでください」って言ったら「え? 別なの?」と仰っておられましたが、こちとらラッキー(笑)。あと毛蟹茹でて喰って寝る、と。


明日は、
  • ニットの洗濯をしないと寒いぞ、
  • 午後からまた音羽屋でバイト、社長にDVDと書籍など届けること、
  • 毛蟹は食事単位で言うところの「1」なので、また魚屋さんに行くこと、
  • 明後日のT.M.Revolution野郎ライブに向けて予習をそこそこ、
といった感じか。
積み残しとして、
  • まるみブースにZirconsのCDを投函すること、
  • ふくちゃんのハーモニカを忘れていたのをいま思い出したのでなんとかすること、
  • お掃除、
てな感じか。というかぜんぶ「感じ」で済んでいるあたりが、まあいいや。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy