徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


07/21のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

@makoto_bass ちょっと調べたら、殺虫作用のある「除虫菊」の発明だか開発だかが明治で(しかもアメリカ原産)、それ以前はほんとに煙で追っ払うだけの「蚊遣」だったみたい(煙るだけつうか燻すだけつうか)。
07-21 23:34

@makoto_bass 産婆カーニバル(ちゃんと漢字で書きました)。踊る産婆、とりあげられた子供が全員客席にいるの。
07-21 23:30

@makoto_bass 祖母なら「はばかり」つながりで「落とし紙」はありましたね。「おしたじ」は「おしたし」。冬場に訪ねると「さぶかったろ」と言って、でもなんでか三ツ矢サイダーが出てくるの。僕が17歳くらいの生意気盛りのころに亡… https://t.co/WIkyOX5M1x
07-21 23:28

@makoto_bass 「サンバさん」はべつに踊らない、って知ってた?
07-21 20:55

@makoto_bass 婆ちゃんが使ってたけどなあ。
07-21 20:54

@makoto_bass 頻用する単語じゃありませんからね(「門松」レベルでしょうか)。ここは「知っとるか知らんか知らんけど」レベルで疑念をもったわけです。
07-21 16:34

暑いので、誰かのスピッツベルゲン(ほとんど北極)土産で「寒くなあれ」って書いてあるTシャツを着ているのだが、おまじないにもならない。 https://t.co/OXnMNDb4YN
07-21 15:17

ねえ、「蚊遣」って言わない?(86歳の父が知らなかったので驚いた(父がボケてるわけじゃないよ、まだまだ俺より切れる))。
07-21 15:12

@maido_yossan で、僕はそのS状結腸のポリープがややこしいことになっているんですが、もし手術を失敗してS状結腸がなくなっちゃったりしたらうんこどうなるんだろうと思ってちょっと怯えているところなのです。
07-21 13:26

@maido_yossan 肛門括約筋さんは別に「栓」になっているわけではないので、やつひとりだとうんこを取り押さえるにも限界があるみたいです。で、逆に便秘がちなときにはS字結腸のあたりを揉んでやる、という手もありそうですね。えーと、お臍の左のへん。
07-21 13:24



夜食第二弾、メロンの穴のところにウォッカ・ソーダ。 https://t.co/6EZDRnOvv8
07-21 03:39

夜食のマスクメロン、穴のとこに芋焼酎。 https://t.co/uujLJWWG3X
07-21 01:25

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy