FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


久し振りに腹の立った話。
以下は、義務として書いておきます。SNSやblogへの僕のちょいと稚拙であろう書き込みを読んで心配してくれたりアドバイスをくださったりしてくださった皆さんに応じるために(そして感謝の念もこめて)書いておきます。概ね気にしなかったり忘れたりして構わないくらいにくだらない話ではあるのですけれどもね。
先に書いておくと、僕は巷間言われているらしきほどには怒りっぽい人間ではありません。本人が言っているのだから間違いない。また、直情的に点火されて怒る人間でもありません。本人が言っているのだから間違いない。むしろ、冷静に「怒るところ」と「怒らないところ」を分けて考えるタイプだとは思うのですが。これも本人が言っています。
  • 僕以外の人を蔑ろにするバカ、
  • 問題が発生した場合に自身の責任を回避しようとするバカ、
  • 問題について真面目に話をしようとしないバカ(「問題点の理解できないバカ」はここに含まれます。全難聴と全要研はいっこ前)、
以外に対して僕が腹を立てたケースはありません。僕が僕のことで腹を立てたことは、ないんです。そういうことを目撃したかた、即座にご連絡ください。お詫びして反省して発言を撤回します。たぶんないと思う(あったらどうしよう、とも思いますが、たぶんない)。いいんです、僕のことはどうなっても。これは基本姿勢。
例証としては『でたぜん』あたりがありますけどね。中身は「聴覚障害者団体が人権を蹂躙した」という話なのですが、僕は思いっきり健聴なので聴覚障害者福祉なんかほんとはどうでもいいんです(という内容を裏返した話を全難聴と全要研は平気でする)。でも、公共福祉団体がデタラメやったらいかんだろうというのでちょっと意見を述べてみたらパージされてますな(笑)。いいんだ、俺なんかどうなっても。

今回の前に腹を立てたのは昨年の正月で、生徒さんのことをなんにも考えていない音楽教室に啖呵叩きつけて辞めてきました。このあたりだったら、常識の範囲内でしょう? 社会人として問題ないものと思います。

今回についても、この記事をアップすることによる僕のメリットはなにもありません。馬鹿本人をバカにして、また僕の評判を下げるだけのことだ。でも言っておかないとかなんし、しょうことなか。


さて今回腹を立てたのは、某所SNSのblogで某人が「私は(自動車の)居眠り運転をしやすい」という話題を面白おかしく書いていたことに対してでした。さらに、その記事に対して「眠らないためには」とかいうコツというか指南というかのコメントが続いたことに対してでした。
>>もしこの先のあたしの人生を狂わす要因があったとしたら(居眠り運転の話題に続く)、
「あたし」じゃなくて「誰か」でしょ? ふつうに考えて、あんたの人生を狂わす要因となるのは人身事故だろ? 対物でそこまでになるわけはないので、つまりこいつは(こいつらは)「居眠り運転が自分以外の人間に及ぼす影響」について想像もできないし、そこに対してリアルに心配することもできない阿呆どもなんだ。「あたしの人生を狂わす」、よくぞ書いたよな。恥を知れ、阿呆が。それを問題とせずに「眠らないためには」というコメントを寄せた連中も同じく阿呆だ。こんな連中と付き合っていられますか?

当人から「なにを怒られているのか判らない」といった内容のメールが来ましたが、説明を必要とする時点で既に既知外なので「返事する気もせんわ。さよなら」としておきました。常識以前の問題なので、対処として間違ってはいないと思います。同じメールに「真摯に対処します」ともあったが、既に真摯でないことは判っているのでこれもシカト。おちおち道も歩けやしない。


たまたま対象が女性なので勢いで書いてしまうのだが、「心にオバサンが巣くっている人」ってどうしようもありませんね(「おばさん」であることは、年齢や容姿とは関係ない(おそらく性別とも関係なかろう)、その精神のありようのことだ)。たまたま居眠り運転に轢き殺されても腹が立つのに、「常習者であることを自覚している奴に轢き殺された」らたまったもんじゃありませんよ。

件のバカにはここまで言っても判らねえだろうな、たぶん「あたしも気をつけてます」とか言い出すのに違いない。馬鹿野郎めが。
----
マイミクを削除したのに、まだ当該日記が読めやがる。面白くない(もう行かないけど、目障りなんだよなあ)。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ネットのモラル
初めてきました。

熱い言葉にコメを書きたくなりました。
ブログなどネットという形はやっぱり発言に対しての責任感が欠如していると感じざるを得ません。
読んでいる人を不快にさせるモノを書かないよう、私も気をつけなきゃ
2005/11/29(火) 14:09:13 | URL | elsiemarley #-[ 編集]
いやその。
私も気をつけるようにします。気をつけてこの程度ですが。

添削前の原文をお読みいただけると僕の優しさがお判りいただけるとは思うのですが、ちょっと公開できないできない(爆)。
2005/11/30(水) 00:10:16 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
ほとんど関係ない話ですんません
ミクシィにもいるんですか(笑)。

2週間ほど前にはいったんですが、探せなかったので、実名であたしを探してマイミクにいれてください >> りびけん殿
(探し方がアホやったんかもしらへんけど)
2005/11/30(水) 18:09:55 | URL | とーへー #-[ 編集]
done
ちょっと苦労したりして(申)。
2005/11/30(水) 22:14:13 | URL | reviken #GAkJEmLM[ 編集]
ああ、そうか。
やっと気付いたのだが、「居眠りするであろうことを予想しつつ自動車を運転する」というのは、「ちょっとヤバいかもとも思いつつ飲酒運転をする」というのと等価なんだな。

腹が立つわけだわ、ふんまにも。
2005/12/19(月) 02:53:10 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
うかうか道も歩けやしない。
がらくたギャラリーさんにリンクしておく(URL参照のこと)。記事から引用しておくと、

>>でも半分寝た状態で無意識に運転し
>>てるってことはありますよね。条件
>>反射で前の車に付いていくだけのと
>>きとかね。管理人も気が付いたら家
>>に着いていてびびったことはありま
>>すな。気をつけねば...

すべてのドライバーがこんな感じだとも思いはしないが、やはりロクでもねえ連中が揃っているのだなあとも思う。
2007/05/20(日) 06:39:39 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy