FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


シンクロニシティ(とは言わないな)。
ちょっと吃驚したのだが、ご近所にお住まいの合唱オタクさんがいつのまにやらウクレレを始めていた。そっち方面では長年にわたってたいへんにお世話になっているし、少人数のアカペラでは大先輩にあたる。譜面がないとかこれが判らんとかいうときには一発回答が期待できる希有な御仁でもある。奥様に借りっぱなしになっている音の優しいTANGIさんは、母の入院中に病院で大活躍してくれた。いきなり僕ん家から3分のところに引っ越されたのもすごい偶然だが、さらに買い込んだウクレレがT's Guitarさんのソプラノダルマ、それもダブルでSD-100とSD-Oak。なにを弾いているのだろうか、なにやら気になるのでこんど酒でも提げて偵察にでも行ってみようか。
TOMBO UNICA 1244 ふくちゃんのお子さんかなんかが押し入れかなんかからクロマチック・ハーモニカを掘り出したのだが、なんかレバーが動かないという。そんなものは分解掃除でもすりゃすぐ治るだろうと思ってHawaiian Dreamに預けてもらってあるのだが、聞いてみたらこれがトンボのUNICAなんだな。配列が複音タイプになっているけっこう古典的な製品で、僕が最初に買ったスライドレバー式クロマチックだ。捜せばまだ家のなかのどこかにあるような気はする。

ホーナースペシャルハーモニカBENDING HARP XB40ちなみに、僕のステージ・デビューではYAMAHAに2段式クロマチックを使ったなあ。ステージであんなもの(笑)を使う奴も珍しい(所謂「教育楽器」扱いされてるものなあ)。そういえば昨年のレコーディングではホーナーのXB40を使ったのだが、これはおそらく同機のメジャー録音では世界初。特段に自慢にもならんけれども、「なんでもいちばん」主義者としてはちょいと嬉しかったりするのだな(単純なもんだ)。


村本玲奈『REYNA』 デビューつながりで、僕のCDデビューは村本玲奈さんの『Reyna』で、このあたりからCX12がレギュラーになってくる。

Hawaiian Dreamでウクレレのセンセーを始めたころに、パーカッション教室の里村美和先生を紹介された。どこかでお会いしたことがあるなあと思ったら、その『Reyna』のときにパーカッションで参加なさって、ついでに僕と一緒にトラでコーラスもとった里村さんだった。録音が1996年だから7年ぶりということになるが、お互いなんとなく覚えていましたな。
というか、あのときの僕のソロを最初に評価してくれたのが里村先生でした。


生きちゃってるし、死なないし 同時期に、なんでかあがた森魚さんのツアーに同道して、函館の映画祭でハーモニカを吹いたりピアノを弾いたり歌ったりしましたな。

一昨年だったかに中野を歩いていたら、コンビニの前でなにやら談笑しているなかの一人に見覚えがある。声をかけてみたら、やはり当時のツアーに同行していたライターの今一生さんでした。あれも中5年くらいで、函館でさよならした人と中野のサンクス前で再会するという珍しいことをしてしまいました。その後お元気でしょうか。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
よろしゅうに
ハーモニカって音の並び順がいろいろとあるんですね。
2005/11/28(月) 14:18:35 | URL | ふくすけ #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy