徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


07/27のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

@makoto_bass てきとーなことを言いますが、こうも「やすやすと」となるとけっこう拘束されていたひとがいらしたんですかね。実験的にマコトさんを苛めてみましょうか。
07-27 23:15

@makoto_bass むしろ「ダウナー系でラクな気持ちになって殺して廻った」ほうに戦慄が走りますね。アッパー系(つまりシャブ)なら、判っちゃいけないけどまだ判らんこともない。ちなみに津山三十人殺しはシラフだったようです。
07-27 22:42

たとえば「髷を結えないほどにハゲちらかしたお相撲」を「障害者」と呼びますかいな(現状ではとうぜん引退にはなるわけだけど)。現状で、大多数の都合に合わない個性を「障害」と呼んでいるにすぎないわけですよ。あなた「デブを克服して」とか「ハゲを克服して」とか言いますか?
07-27 22:37

ADA法に依らずとも、たとえばウクレレの名門KAMAKA(ハワイね。ピアノで言うとスタンかベーゼンかベヒ)工場では「木工作業音に邪魔されずに楽器の鳴りを確認する」ために聴覚障害者が多数雇用されています。障害者という言葉自体が、「社会が対応できてないんだよ」というのを理解すべき。
07-27 22:34

アメリカのADA法(Americans with Disabilities Act of 1990)は、所謂「障害者」をも社会資本とする法律で、「障害者への保障は社会の負担」と考える日本の法律とは一線を画します。今回はまるで反対側のことを考えたやつがいるなバーカ、ととりあえず。
07-27 22:29

ユタさんとかカンカカリャさんの良心的なとこって都内にないかな。そっち論者ではないのだけれども、なんか左肩に乗ってるような気はするんだ。3年前の沖縄からこっち、膵臓肝臓四十肩骨折とまあいろいろあるわけで、ちょっとまいっていたりもする(この強気な私が)。
07-27 22:20

身体障害者ったって、社会が身体障害に追いついてないだけじゃん。歩けなければ、聞こえなければ、見えなければ、喋れなければ、ある程度に対応する手段を既に世間はもっている。聴覚障害には関わっていたが、やってる当事者団体がウンコだった。 https://t.co/HzM7V2z3AT
07-27 21:27

右第十肋骨(脇腹のちょっと裏のへん)骨折から4日目、ちょっと面白いくらいに痛い。Blogも書いておくもので、検索すると過去10年で4回くらいは折っていて、痛むのが最初の7~10日間、で1か月目にぶり返しで再びやたら痛むことが判った。 https://t.co/gskKFsZfN0
07-27 20:27

不謹慎なようだが(というか不謹慎なのだが)、今回驚いたのは「マリファナをキメてのジェノサイド」という点だ。ふつうならシャブ系(いわゆる覚醒剤)、あるいは攻撃性を加速させるほどのアルコール摂取だろう。なぜダウナー系でそんなことができたのだろうか(時効だが、大麻なら軽い経験者です)。
07-27 20:22

RT @livein_china: 羊肉パクチー炒飯きたいただきます(^o^)香菜まみれ https://t.co/vzSP2fVSTF
07-27 20:05



@nishiwakim0415 @ushio4eda 栃木の小中学校はピアニカでした。東京の合唱団ではなんでかどこもメロディオン使用の模様。そういえばハーモニカはどこが作ってもハーモニカなのにね、なんで鍵ハモは名前かえるんだろう。
07-27 18:13

肋骨が痛くて水を飲もうとしたら水の便がからだったの図。 https://t.co/zsbKWLoGoa
07-27 02:39

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy