徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2016年7月19日(火曜日): 貧血ですと。
今日の大病院:

大病院より新宿を望む 朝は07:30くらいに起床したのかな。どうしたわけかなんとなく元気がなくて、冷や汗などもちょっと出るのでとりあえず近所のLAWSONまで行っておむすびひとつと珈琲、ついでにオロナミンCの高いほうを買ってきてみる。大病院には09:30くらいに到着して、でも採血で珍しく47分間も待たされて(予測待ち時間が表示されるのだ)、採血が終わったら10:30だ。診察は11:00からを予定されていたのだが、採血結果が出るのにどうせ1時間はかかるなあ。

もちろん文句などあるわけもなく、たいがいの患者さんは僕よりは重篤であるようだし、僕とて自分だけが助かりたいなどとは考えてもいない。とりあえずヒマなので、かつて半年間ほど暮らしていた消化器病棟の屋上で昔を懐かしんでみたりなんかして。
身体計測結果 血液検査の結果を見た先生がまずおっしゃったのが「あれ? 貧血起こしてますよ」って、なにそれ。とりあえず赤血球数とヘモグロビンとヘマトクリットがトリオで赤点。大病院に向かって以降はとくに自覚症状もなかったのだが、さてはオロナミンCが頑張ってでもいたのか。まあいいや、たまたまのことだろう。この件については、念のためちょっと早めの来月半ばにもういちど血液検査をしてみて、問題があるようならば内視鏡で胃袋でも見てみましょうか、というところで落ち着く。あとはASTとALTがすこし高値ではあるが、おそらくは冗談で済む範囲だろう。γ-GTPは127 IU/Lで高いといえば高いが、こんなものはたしょう節制すればすぐ落ちるのであまり気にしない。中性脂肪は半値になって尿酸値は正常値にまで落ちたのは、レバーとタマゴを制限しているからだろうな。これは予定通り。

先月の大病院中央検査部検査結果のちょっとかっこいいペーパーをいただいたら(なんで山野田やねん)、これはぜんぜん面白くないほどに標準値だな。敢えて言うなら左腕と左臀部(大腿部)の筋肉がたしょう落ちているのだが、2年間も左の四十肩をやらかしていたらそりゃそうなるよ。さいわいさいきん治っちゃったみたいなので、毒にも薬にもならない「木刀の素振り」でも始めてみようか。100振りワンセットを公園で振り回すなら5分もかからんし、左腕主体で振ればとうぜん左足で踏み込むことになるので、たしょうは期待してもいいのではないか。

あとは「増量キャンペーン中であること」と「眠剤オーバードーズ撲滅キャンペーン中であること」をご報告して、本日はおしまい。


とくに貧血っぽい自覚症状もなかったので、新宿の安い寿司屋さんでマグロの赤身などしょうしょういただいて、本屋巡りなどしてから平和裡に帰宅。

今日の睡眠: 就眠障害っぽいの。

睡眠記録 ここ1週間くらいなら、いちおう「夜眠って朝起きている」と言えるのではないかなあ。敬遠していたロゼレムも再開してみて、それで落ち着くようならそれでいいと思う。とりあえず「眠剤のオーバードースに意味はないこと」は学習したし、ときどき眠剤を休むとすこしだけアタマが上手になるような気もするので、この方針で当面は行く心算だ。

そんなことで、今日の眠剤処方はマイスリーが30日分(処方限界)、レンドルミンとメイラックスは半月ぶんずつということになった。むこう1か月間はこれで廻すね。というか、オーバードーズをやめてたまに眠剤を休んでいるものだから、手持ちだけでも3週間分くらいの睡眠薬はあるのだ。ここはせいぜいちびちび遣うね。

ちなみに、草津温泉あたりの硫黄ガスが充満しているところでこの眠剤を全量服用したら、たぶんかなり綺麗に死ねるな。いや、そういうことがしたいわけではなくて。つかしねーし。いちおう知識として記録しておくというだけのことだ。


今日の御飯:

ごはん ごはん ごはん ごはん

その「貧血」とやらを受けて、そのへんてきとうに。


今日のBerkes County PA. のPagoda:

さいきんのpagoda pagodaの絵はがき 2003年に遊びにいったペンシルバニアのデイブさんが、当時連れていってくださったPagoda(寺院ってことかな)の新しい写真をFacebookにあげてくださった。ちょっと捜したら2003年当時にそのデイブさんにプレゼントしていただいた絵はがきが出てきたもので、FBに返信であげておいたらたいそう驚かれたが、あれはいい旅行だったのでそういうものも残してあったりするわけね。

死ぬ前にもういちどくらい遊びに行きたいものだと考えているのだが、どうなるかなあ。


今日の明日:

おしり 静養日。

Softbankの解約に行かねばならんのだな、涼しいといいな。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy