徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


07/09のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

あと5分ほどで、SNSでの参院選候補者名を出しての発言が違法になる(正確には公職選挙法違反になる、と思う)のだが、とくに支持している候補者もいないので困らないな。「こいつはちょっとやだ」とは思う奴はいるけど、そんなのの名前を出す筈もなし。
07-09 23:57

豆缶にケチャップを載せれば馳走とロニー言う 手許にマウスいるを知りてか @maido_yossan
07-09 14:32

燦然世界の硝子をすべて壊し、ぬしと暗闇にずっといたい。
07-09 13:25

@katatsumuryTW ぬしとの朝寝と起きぬことこそ
07-09 11:34

三千世界の硝子を割ってぬしときずだらけになってみたい
07-09 10:45

@maido_yossan 大粒小粒問わずしてぬしとネバネバしてみたい(しまったセクハラだ
07-09 10:38

@koukaisisakurai 冬もでした!
07-09 10:36

@mundburg あはははは、キクチヨはシマムラかヴィレバン、カツシローが英國屋(月賦がまだある)、キューゾーがワークマンみたいな感じでしょうか。ノーミンのみなさんは3年前のUNIQLO(まだ安かった)みたいな感じでいかがでしょう(と問われても困りますわな)。
07-09 10:36

@maido_yossan 三千世界の菌集めヌシとネバネバしてみたい(‥ )/
07-09 09:31

@koukaisisakurai 冬もエアコンつけっぱでした。ここ数年の本職は自宅警備員なので、間違いありません。
07-09 09:25



@mundburg たとえば『七人の侍』で見ると(志村喬は事情がアレだとしても)、真面目に侍やってる奴、どうでもよさそうな奴、なんにも考えてないやつ(三船)、仕官する気なんぞまったくない戦士、元服前みたいなやつ、いろいろですね。 https://t.co/PFy3yi4Ftc
07-09 06:44

用もないのに早起きしちまったものでジョン・ヴォイト『暴走機関車』などを眺めている(テレ東午後ロー版)。こういう日は、あとは『ランボー』とか『悪魔の標的』、あるいは『ダーティ・メリーCR』や『バニシングなんとか』のダッジ・チャレンジャーが出てくる映画に限るわ。
07-09 06:35

公的選挙について、立候補もその意志表明もまた周辺による応援なにがしも廃止することはできないだろうか。投票所に赴いた有権者がそれぞれの信頼するひとに投票すれば、当選するのはきっといいひとに違いない。知らないうちに当選しちゃったひとには、もちろん「国民の義務」として請けていただく。
07-09 05:56

居間でだらりんとするのに座椅子を新調しようと思って「安けりゃなんでもいい」と考えていたのだが、ちょっとこの食パンが欲しすぎる(この際だからレビューとかは読まない)。 https://t.co/RlneL2V8VP
07-09 05:25

髪の毛のしたは全員禿げ頭
07-09 05:10

@makoto_bass 僕もエレピとシンセの分解修繕をしなければならんのですが、なかなか度胸が決まらないのです。業者に出すよりは買い直したほうが安い(RD500ですら!)のでやるしかないのですが。
07-09 04:56

まてよ、『二十日鼠と人間』のロニーは豆缶ばっかり食べてはいなかったか(ケチャップすらないぞ)。 RT @Reviken_Tokyo: 晩飯は煮豆、おから、冷や奴、納豆の味噌汁。ひとは豆のみにて生きられるか。
07-09 04:47

@koukaisisakurai @fishcurry1963 ぼくもやってみました。あらかた「つけっぱ半額」ですね、夏も冬も。
07-09 04:44

すまねえ。 RT @maido_yossan: イチャイチャすんじゃねぇ(笑)
07-09 04:41

晩飯は煮豆、おから、冷や奴、納豆の味噌汁。ひとは豆のみで生きられるか。
07-09 04:31

「ひょっとしてこれ涼しくね?」と思って、ヒートテックのスパッツを履いて寝ている。
07-09 04:29

@mundburg 藤沢作品だと、なんか「修練は必ず夜中で人目を秘す」みたいな印象はありますけどね(「馬の骨」とかいつ教えたんだよ、みたいな)。逆に池波作品とか黒澤『椿三十郎』あたりだと「おまえらいつ髪床いってんの」とか思ったり、そのへんは謎です。
07-09 04:15

@mundburg たぶんテレビドラマでたぶん石橋蓮司の仕官の口がおじゃんになって「あたま戻してくださーい」って泣いていたのを憶えていますが、子供心に「いやもう剃っちゃったやんけ」と思いました。「サカヤキの日焼け」については、あるいは小説ではなく学術書やらであったやもしれません。
07-09 04:07

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy