徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2016年7月3日から6日(日月火水曜日): 虞ヤクチュウ。

今日のお財布:

お財布 火曜日の帰宅時に、お財布がない。どうやら営団地下鉄落合駅上AEON(元つるかめランド)のお買物籠のなかに捨ててきたねと見当をつけて電話してみたのだが、23:00とて応対が留守番電話。これはまあしょうがないので、とことことAEONまで行ってみたらちゃんと保存しておいてくださった、ありがとうございます。というかレジのお姉さんが「ああ、さっきネギかったお兄さんね」って30分前の客の顔を憶えていたのにちと驚く。そんなに私の顔は面白いのか。

そんなこんなでAEONまで2往復して2マイル、いいお散歩であった。


ちなみに財布を落としたのは5年ぶり2度目で、今回は自作でちくちくしたお財布に診察券がたくさん入っているという体のものであったが、前回は万券5枚入りを道端にぽそりと落としたものを拾ってくれたどなたかがピンポンダッシュで玄関先に放り込んでいってくださった。ヘンなやつ、御礼くらい言わせていただきたかったのだが。とまれ世の中捨てたものでもないね。

今日の睡眠: 就眠障害っぽいの。

睡眠記録 火曜日の夜に睡眠薬の在庫が尽きて、さいわい水曜日の朝に起きていたのは睡眠リズムが滅茶苦茶だったからなのだが、これさいわいと大病院の消化器内科までとことこと行って眠剤を処方していただく。

正確には先々週の月曜日に1か月分を処方していただいたものを2週間強で消費してしまったわけで、これで余所でも処方してもらっていれば明らかなヤク中だよね。じっさいには眠剤を服用しても眠れないものだからついついオーバードースを繰り返しているのをやめれと思っているわけなのだが、やめれと思っている時点ですでにラリっているものだからつい服用しちゃうみたいな。「みたいな」じゃねえよバカ。眠剤服用初期のまだ耐性のなかったころにレンドルミンをつい(これはほんとうについうっかり)3錠くらい服用してしまって「あ、俺いまラリってる」と思ってそれはそれで気持ちよくないこともなかったのだが、そういう欲求は不思議なほどにないな。そろそろ眠剤服用開始から1年強になるが、だんだん身体が馴れてしまったようで効きがよろしくないようにも思う。いちばん簡単な対処は「増量」なのだが、それも間抜けだなと野生の勘が働いたもので本人としては減量の方向に向かってはいる。いちおう服用量は厳密に記録しているので、却って信憑性もないのだが。


そんなことで大病院の先生には朝の10:00から「半月で服んじゃったんですか?」とか言われつつ、いやそのあれがこれしてなんのそのといつも通りにあることないこと並べ立てて、けっきょく半月前よりも大量の睡眠薬を処方していただく。要するにレンドルミンとメイラックスが倍になったわけだな。

睡眠薬の処方量には1か月制限があるらしくて、具体的にはマイスリー5 mg×60錠、レンドルミン×30錠、メイラックス×30錠。マイスリーの定量は10 mgだと思い込んでいる僕だが、たまに「割る」ことがあるので5 mg錠を倍量出していただいた。それで先生に「これ、マイスリー10 mgとレンドルミンとメイラックスを毎日服んだら問題ありますかね」とうかがってみたら、「そこは様子をみながら服用してください」って、けっこうてきとうなものだ。


耐性の話だが、ここのところ眠剤飲んでもぜんぜん眠れないことも多いので「眠気の端っこをつかまえたら眠剤服用」という正しいんだかなんだか判らない用法をしているんだけど、これでいいのかなあ。まあいいや、どのみち睡眠リズムは滅茶苦茶なので、いろいろととっかえひっかえ試してみる感じだ。

今日の時計:

スイープ時計 大病院帰りになんとなく新宿に出て、ヤマダデンキで部品を買うついでに時計売場を覗いてみたら、なんでかスイープムーブメントの時計が千円で売られていた。これも睡眠障害関連なのだと思うのだが掛け時計のカチコチがやかましくて、ちょっと壊れてプレデター文字表示仕様になっているデジタル時計を使っていたのだが、スイープが千円はちと驚いた。ちなみに台湾製なので、けっこう信用していいのではないかと思う(印象批評)。

これ、スイープの掛け時計も売られていないかな。こんど寄ったら捜してみよう。


今日の御飯:

鶏豆茄子鍋 煮豆(feat. 鶏とズッキーニ)を一晩置いたらなんか甘酸っぱくなっていたのを「これは乳酸発酵だ」と思い込んで食べてみたら平気だった。意外と美味かった。
味噌汁は1日半ほどほっておいたら傷んでやんの。見た目で判ったから処分したけど、油断のならない季節になってきたということだな。


今日の明日:

おしり お天気がよければ、どこかに行こう。
光が丘あたりの公園とかそんなとこだ。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy