徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


催眠バナナ汁(不眠症対策として有効であるらしき報告)。
睡眠障害に対して、どうやら効果があるらしいので報告させていただく。

催眠バナナ汁 茹でバナナ(シナモン乗せ) 茹でバナナ 催眠バナナ汁

僕は睡眠障害を抱えている。具体的には入眠障害があって、睡眠導入剤を服用しない場合にはうっかりすると30時間や40時間は平気で目覚めたままでいたりする。睡眠導入剤を服用しても寝つけないこともあって、たしょうのオーバードースも日常的なものであった。そこに加えて「就眠90分目か180分目くらいに目覚めてしまう」という症状もあって、それなりに難義はしている。
いちばん辛いのはたぶん「眠たいのに眠れないひと」なので、「とくに眠くないから起きてるだけ」の僕はまだマシなほうなのだろうが、しかし継続覚醒24時間目あたりからやはり辛いぞ。

さて、そんなところに「バナナの煮汁に催眠効果がある」とするネットの記事を読んだ。当該記事では「マグネシウムとカリウムが豊富」であることを謳っているが、それってサプリメントでよくね? なんてことは言わない。そこまで簡単なんだったら医師が処方してるにきまってるわけだし、それだけの理由ならばバナナである必要もない、たぶんワカメの胡麻和えあたりでもいい話だ。他の記事を漁ってみると、「バナナの実にはトリプトファン(セロトニンの原料(セロトニンはメラトニンの原料))を含み、空腹も癒されるので寝る前に食ってみろ」ともある。なんか理由はアトヅケのような気もするので、そのへんの機序はあまり気にせずに素直にバナナで実験してみることにした。


9日間にわたる人体実験の結果、睡眠障害に対する効果はある、らしい。検体1名、対照群もないのでつまり「※個人の感想です」というやつだが、いちおう報告はしておく。

バナナチャート

チャートを見ていただいて、左端が10:00で右に向けて24時間、色のついた帯になっているところが睡眠時間帯。「L」と「M」と「メ」が睡眠導入剤で、「L」がレンドルミン、「M」がマイスリー10 mg、「メ」は本来は抗不安剤なのだが補助剤の頓服として処方されているメイラックスだ。ここ1週間であれば、「LM」が帯にめり込んでいることが判る。これはつまり、「睡眠導入剤を服用してお蒲団に潜り込むなり眠った」ということだ。このチャートは昨2015年8月から付け始めているのだが、バナナ以前で睡眠薬服用が帯にめりこんでいるのは2回ほどだろうか。それが1週間も続いているのだから、やはりなんらかの効果があるのだろう。


睡眠記録 参考までに、けっこう滅茶苦茶だった半年前あたりのデータを載せておく。
睡眠時間帯がまったく安定していないことと、睡眠導入剤の効果がまずみられないことが判るね。

睡眠導入剤については、この時期には「ないと眠れない」けれども「服用したからといって眠れるというわけでもない」って感じだったな。


バナナ汁の作成方法だが、なんだかんだで紹介記事とはあまり関係なくなってきてしまった。具体的には、
  1. 有機栽培バナナを買ってくる(近所ならば東中野サミット、落合南長崎ライフにある)。
  2. 就眠予定の2時間前くらいに、まずバナナを美味しくいただく。
  3. 小鍋にバナナの皮とマグカップ1杯強の水を放り込み、シナモンを一振りして火にかける。
  4. 沸いたら火を止めて、しばらく置く(冷却時に成分が溶出する、という話を聞いたことがあるため)。
  5. バナナ汁をマグカップに移して、美味しく飲む。味はふつう(お好みで砂糖ってところか)。茶漉はいらないと思う。
これだけのことだ。

茹でバナナ(シナモン乗せ) 有機バナナ 有機バナナ


おめざバナナ 中身ごと茹でバナナ 初期にはとうぜん紹介記事どおりに「バナナの両端を切って皮ごと茹でる」方式を採用していた。晩にバナナ汁を作って飲んで、朝のおめざで「茹だったバナナの身」をいただくというわけだ。これはこれでいいサイクルなのかもしれない。

それで3日目くらいにふと「マグネシウムもカリウムも元素なんだから、熱する必要もなくね?」ということに気がついて、「中身はそのまま食べて皮だけ煮込む」方式に移行した。機序は判らないが、この日から就眠後の中途覚醒もなくなっているので、ある程度は正解だったのではないか。茹でたバナナの身よりも生のバナナの身のほうが美味いしな。


僕はもともとアル中なのだが、ここのところ酒は控えている。控えているのだが、5日目の夜は実験的に芋焼酎四合とマイスリーとレンドルミンとメイラックスとバナナ汁のフルコンボを叩き込んでみたら、ころりと眠って10時間ぐっすり。人体は意外と簡単なつくりなのかもしれないと考えて面白がっているところだ。


為念だが、「効くプラセボはいいプラセボ」であることを言い添えておく(「今回については」というエキスキューズ付きで)。なんせ物件がバナナだし睡眠障害だし、ガセだとしてもさしたる問題はあるまい。インチキ抗癌療法に嵌まって手遅れになって死んじまうような悲惨も想定でき難いので、そこは看過する。

どうせバナナだし。




関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy