徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2016年5月4日から8日(水木金土日曜日): ドッペルゲンガーご同伴。
2014年と2016年の私 ここんとこなんか実家の父が「なにやら慌てふためいている僕」を目撃した時刻に僕は自宅にいたり、そうかと思うと「玄関先から呼ばわる父の声で目覚めた僕が起き出して玄関先に行ってみると誰もいない」とか、まあ生霊だかドッペルゲンガーだかみたいな怪事が続いていたりして、これで自分のドッペルゲンガーに僕が出会うと死んじゃったりするらしいんだが、いろいろと自分に問い詰めたいこともあるので一晩くらいは膝詰めで飲み明かしたかったりもするのだけれども、ぜんたいなんなのだろうか。どうせバケて出るなら昨年に三回忌を迎えた母が堂々と出てくればあちこち目度出いのだけれども、そうそう都合よくもいかんだろうね。

睡眠記録 そんなこんなで、睡眠障害のほうは睡眠時間帯がいちおう夜間方面に戻ってきているようでひとまずは目度出い。睡眠時間が長すぎるのが玉に瑕ではあるが、優先すべきは就眠時刻のほうなのでさほどの、問題はない。と思う。

オーバードースは今クール(30日間)ならば3回で済んでいて、とは言うもののその3回がここ3日間に集中しているのが気にならんでもない。そんなこんなで前回大病院受診から26日を経て「処方限界30日間」の睡眠薬がなくなったもので、今夜はまあてきとうにするとして、明朝から大病院に睡眠薬を貰いに行く予定だ。大病院の受付が11:00まで、家から大病院までの所要時間が60分弱、ということは家を出るのが10:00として朝風呂くらいは遣いたいので09:00には起床。たぶん睡眠7時間くらいで動けるとは思うので02:00までには就眠、ということは最後に残っているレンドルミン2錠の服用が01:30ということだな。綱渡りだがなんとかなるだろうし、間に合わなかったら実は近所の医院で処方してもらっても構わないのだ。大病院までわざわざ行くのは、ブツが向精神薬であるものだから大病院記録と「おくすり手帳」の一元化を図っているからという理由にすぎない。とくに疚しいこともないので気にしなくても構わないんだけどね、そこはそれオトナの対応ということで。


今日の明日:

おしり どうでもいいけど食も細いので、ちと考えたほうがいいな。
3か月で体重が5 kgほど落ちて、いま57 kgくらいだ。厚労省選定の肥満限界なら、あと10 kgは増やせるんだけどなあ。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy