徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2016年2月1日(月曜日): らりり。
今で言うと栃木県宇都宮市の西の辺り、時代からすれば地方豪族と言えば聞こえもいいが、小さな砦か小城を構えた夜盗の群が近在の農奴を搾り取っていたようなものだ。
中央に位置する谷を囲んで、豪族と農奴を併せて300名ほどの集落が五つほども存在したが、地勢を圧倒していたのは谷の民だった。石が採れたのだ。
谷の民は石を切り出し、関東全土の豪族に納品した。当然ながら、小作農から周辺ご豪族が搾取していくような雑穀とは事業規模が違う。谷を囲んだ豪族夜盗の類は当然「谷」の財を狙うが、この「谷の民」がやたらと強い。方や夜盗は日常から酒を飲み、農奴から搾取した(もちろんそんな権利はないので暴力にものをいわせてかっぱいできた)雑穀を常食としている。他方、谷の民は日々石を切り出し、ぞれなりに距離のある拠点までその石を運ぶ。食料も雑穀などではなく、米や野菜、火を通した肉なども食べていたのだろう。
谷の周辺の盗賊共も当然「谷」の財を狙うが、実力が全く伴わないので話にならない。盗賊が刀でちょいと谷の民を切り付けても、刺さりもしない。袈裟懸けにしてもひっかかりもしない。矢で射ってみても「あれ? 蚊かな?」といった程度のことで、いざ肉弾戦となれば膂力の違いがお相撲とりと小学生並みだ。
ある時、夜盗の一人が「谷に水を落とす」ことを考え実行し、谷は水没した。
もともと薄い地盤を覆っていた薄い土地では大した農作もできることはなく、ほどなくして周辺の集落は消え去り、夜盗どももいなくなった。

今日の睡眠: 就眠障害っぽいのが解決途上。

睡眠記録 まったく眠気がないうえにマイスリー*4にレンドルミン*4って、ヤク中かよ。今後は諫めたいものだ。

携帯電話のMNP関係で銀行に行く必要があったので這って行って、銀行のお姉さんに「昨夜はだいぶおめしあがりでしたか」と言われる体たらく。酒など呑んどらんわい、いちおう話を増して「風邪薬と睡眠薬でねえ」とか言っておいたが、なんだかなあ。

自宅の寝床は2階、トイレは1階だものでなにやらおそろしいから、銀行の後は実家に寄ってすこし休ませていただいた。実家のトイレは寝所と同階にあるのだ。


今日の御飯: 脂質制限と糖質制限(但しブッチ中)。

銀行の後に、中井駅前の長壽庵で鶏せいろなどいただく。
次回から肉蒸籠にしよう。やはり脂身は豚肉のほうが蕎麦に合うようだ。


今日の明日:

おしり せめてもと思って、ひさしぶりにトイレ掃除などした。

明日はいろいろと月末の、というかもう月末はすぎちゃっているのだけれども、お支払いとかがあるのでまた銀行に行くね。

J:COMのケータイ 電話を新調するので、そっちかんけいの調整もいろいろあるな。
さようならDoCoMo。
さようならTU-KA。
さようならJ-Phone。
さようならVodafone。
さようならSoftBank。
縁がなかったね、au。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy