徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


01/16のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

@suga2059 J. Michaelとやら、3万円くらいの中国製だった筈です。ほんと音圧がないんでどうしたもんかな、と。腕前が伴わないせいだなともそんなには思えないもので、なんなら宅配でお送りしますので吹いてみてくださいませんか。
01-16 18:10

@suga2059 こんなんでよければ家にあるけど、あんまり鳴らないの(腕がよくないだけかもしれません)。 https://t.co/Ze9xjp4dEx
01-16 17:42

@suga2059 あ、さいきんは「ネットでなんかする」って手もあるんですね(けっこうサルだが環境はなんとかありそうな)。
01-16 16:55

@suga2059 よろしくお願いします。クロマチック・ハーモニカとウクレレは持参できるな。歌舞伎町Golden Eggなら鍵盤が3台用意できます。さいきんはGolden Eggと高田馬場diglight、あとは下北沢「O」が多いかしらん。
01-16 16:54

テレビで眺めている外国語映画(字幕付)で、ちょっとだけ判る英語やフランス語やドイツ語ならまだいいのだが、カケラも判らないロシア語やグルジア語の映画でも台詞が聞き取れないとボリュームを上げちゃうのはなんでだろう(‥ )。
01-16 16:47

@suga2059 たぶん頭よく考えるんじゃなくて「なんでこうなっちゃったのかなあ」くらいのほうがいいんじゃないかなあ、と。さいきんは「Bパート」劈頭が「Fm→Bb→Eb→Cm」のオンコードだとすると、みたいな滅茶苦茶なことを考えています。どうせ弾くの僕だし、ベースのひといるし。
01-16 16:39

@suga2059 そしたら、『All Blues』を「2で割る」のはご存知でしょうけど、『Cantaloupe Island』なんかも3とか5とかでの刻み甲斐がありますよ(あはははは)。
01-16 16:27

@suga2059 その宴会での僕の理解では「C2」=「Cmaj9」でした。先日「C11」というのも見かけたけど、sus4の7th抜きだったみたい。Feel LikeのA7はもう1年間くらい考えてるんですけど、まだよく判んないん(どこかのツーファイブに持っていきたいんですよ)。
01-16 16:20

@suga2059 その「B」のほうの「ンテンテンテ|ンテンテンテ」って、ジャムセッションで演るとけっこう演奏者それぞれに微妙に違うんで面白いですよ。そうだな、「12/8はシャッフルを、いやさ所謂スウィングを表現できているかどうか問題」みたいな(‥ )/
01-16 16:10

@suga2059 おまけ:どこかの宴会でアメリカのC2がC-E-G-B-D(7thじゃない)とか教わったり、『Feel Like Making Love』(in F)の謎のA7が裏だと教わったり、いくつになっても勉強することばっかしですわ。
01-16 16:02



@suga2059 ふむ、ご教示ありがとうございます。あとでドイツ語圏留学経験演奏者さん(顔見知りが数人いらさるので)に確認してみますね。記譜も地域性さまざまで、アメリカの譜面でCMがマイナーだったりとかCalがkcalだったりとか(関係ない(笑))、いろいろありますね。
01-16 15:58

@heavenosa 俺もなんかの皮膚病かと思ったら蒲団のダニだったらしきことがあって(なさけねーな)、蒲団乾燥機をかけたらあっという間に恢復したんだ。https://t.co/xug1KibOOO南京虫は調べてみたけど、掃除機で吸うかスチームアイロンで殺すか、みたいだな。
01-16 15:28

@suga2059 スティービーで思い出したけど、アフリカンな二拍三連(たとえば武満徹『バンツー族の子守歌』(A))を半拍ずらすと、スティービー・ワンダーの『Isn't She Lovely』(B)が出てくるの。 https://t.co/HAH3sYRZyu
01-16 14:12

@suga2059 いま気がついたんだけど、ドイツ語でもキャピタルで「B-moll」って書くんじゃないのかな。ご存知でしたら教えてくれくださいませ。
01-16 14:05

暴走族、「虫の息」の元リーダーに用心棒代要求「面倒見るから月に5千円払え」 恐喝未遂容疑で暴力団員ら逮捕 静岡 https://t.co/S66ygzLQD0 ←劈頭の「、」が不要なんだな。で、そんな名前のバンドがあったなと思ったら『ノミの心ぞう』でした(荻窪で有名)。
01-16 13:59

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy