FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


蟄居。
土曜の夜がいろいろしてですね、身も心も演奏もボロボロ。まあいいや。
お昼は美味しい蕎麦屋さんで「蕎麦セット」というのを注文したら、いや「セット」と言われたら「ソバと小カツ丼」とか「ソバとパフェ」とかなんかかと思ってしまう自分が情けない。ざる蕎麦とざる蕎麦とのセットでした(690円)。美味かったからいいんだけど、ちょっと悔しい。ちなみに珈琲飲み放題って、どういう蕎麦屋だ(笑)。

ひらたく真希蕎麦なんですけど、ここといい高田屋といい、ヒール代表として登場していただく客あしらいのものすごくぞんざいな中野「さらしな」なんか(蕎麦だきゃ美味いけど、ほんと滅茶苦茶だよ、あの店)よりはよっぽど落ち着くし美味しいし。蕎麦屋さんの評価については僕もちょっと考え直したほうがいいんだろうなあ。


午後から、ちかぢか(ものすごくちかぢか)に引っ越す知人のところまでお手伝いに行く。業者が来るのは明日だっちゅうに、こんなんで間に合うのか。いや、崖っぷちの人生は嫌いではない。どうせひとごとだし。
とうぜんのように、余剰品を頂戴してくる。
  • おっきなテレビ、
  • お蒲団、
  • 書籍とかビデオとかの類、
  • ガスコンロ、
といったところで。あとウクレレが2本ほど出てきて、これは「誰に貸したかなあ」と思っていた僕のもの。ついでにホーナーのピアニカも出てきましたが、どこをどうすると人さまの家にこういうものが紛れるのだろうか。いい加減なものです。
赤帽さんを頼んで運んでもらったら、運転手さん(というのか)が気のいい人で、ウクレレの話などもしながら同乗して帰宅。それで赤帽さんは僕の自宅内まで荷物を入れてくれたそうだったのだが、受入準備ができていないもので玄関先の敷石のうえにテレビとか段ボール箱とかをつくねていただく。

ほんとは自宅内を整理して、納めるべきものを納めるべきところに納める心算ではあったのだが。
根性が費えたものだから、玄関にぜんぶ積んであります。玄関から出入りできません。

風呂場にも出入りできません。玄関を入ったところの脇が風呂場なんです。


どうしましょう(片づける、しかないのだが)。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy