FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


メモ(ホワイトバンドの話)。
そのうちまとめますが、「現状でこんな感じで考えているのでした」というのをざっくり。

みなさん、ありがとう。


1. 「ホワイトバンド詐欺」まで言うのは間違いだと思う。
1-1. 「募金ではない」については、金額の僅少さから見て、ただの思い込みからの誤解。
1-2. 収支報告や広報の齟齬については、日本の福祉系がもともと無能なのは自明。
1-3. ボランティア活動に従事する人にも生活があるし給与も発生する。なぜ「無償性」を要求するのか。

2. ホワイトバンドを装用しているのはダサいと思う。
2-1. 人さまの手首にホワイトバンドを見つけて、その「魂胆」まで類推するのは失礼だと思う。
2-2. 実効についてちょっとでも調べれば、意外とナサケナイことはすぐに判る。
2-3. 装用することが問題意識の表明である以上、それは自己の「無力さ」の表明に他ならない。

3. それでもホワイトバンドは装用すべきだと思う。
3-1. ホワイトバンド以外に、具体的に啓発活動を行っている事業が見当たらない。
3-2. 例の「ほっとけない」について、他に僕たちにできることがあるのか。
3-3. とりあえず300万本を売ったという事実は利用すべきだろう。
浅く考えて、こんなところかなあ。

僕blogのコメント欄で紹介していただいたWhere Angels Fear To Send Trackbacksさんの当該記事(とその追記)はしごく真っ当なもので、

だから、先進国のNGOは国際金融の知識を身につけ、第三世界の伝統について理解し、援助が適切に行われているか監視するためにこそキャンペーンのお金は使われるべきであり、もしパン工場で済むのであれば「これまでの募金とちっとも違わない」のです。
とかあといろいろについても首肯するにヤブサカではないのだが、同時に「他に無いんだからしょうがないじゃん」くらいのことも言わせていただいてひっかきまわしてみようかな、という僕もいるんです、ごめんなさい。

社会問題化した(と言っていいと思う)ホワイトバンドによって、少なくとも問題意識の共有ができ始めたような気はするんですね。だったらホワイトバンドを装用して煽ろうよ。

  • ボランティアという言葉の意味とか(基本的には「I will」だと考えています)、
  • 救援される側もする側も人間なのになんでそこに気づかないんだとか、
  • 日本の福祉の貧乏くささ(日本だけじゃないと思うけど、とりあえずオーストリアやアメリカと比較するとけっこう貧しいくらいのことは判る)とか、
  • ホワイトバンドがスカなんだったら、じゃあどうすりゃいいんだとか、
面白い話の「ネタ」になりそうな要素はいくらでもある。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
無断リンク。
2005/10/28(金) 07:08:44 | URL | りび #GAkJEmLM[ 編集]
お陰様で
どんどん知識が更新されていきます。
このバンドが、助けを必要としている人たちの傍に立つためのもっと直接的なリンクっていうか、そういう物になれ、と思うんですけどね。
2005/10/29(土) 00:36:06 | URL | Leone #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy