FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


ホワイトバンドで、他人に言われて納得した話。
以下は、この話題に関して僕のウクレレ弟子筋のLeoneさんが某所(ってmixiだけど)の日記に書き込まれたものです。

僕と同じような違うような論点ではあるのですがやたらと面白かったし、SNSにとどまるのも惜しかろうと思いましたもので、全文転載させていただきます。ありがとね。


ここから(↓)。
Sub:<ホワイトバンド>趣旨説明不足で購入者から批判

という記事が今日のヤフーに出ていたので。( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051024-00000025-mai-soci )
要はこの製品の売り上げが直接貧しい国の人たちに届くわけじゃないって事がちゃんと説明されていなかったというのでクレームが出てる。

そもそもホワイトバンド運動というのは、「自分はアフリカの貧困をどうにかしなきゃと思っているよ」、という意思表示の為に白いものを腕に巻きましょうや、という話だったと私は理解している。商品としてのホワイトバンドが出る前からこの運動はあった、と思う。

だから白ければ紐でも包帯でもハンカチでも良い。
むしろそっちがオフィシャルだろう。
でも私にとって紐や包帯を「みっともなくない」風に巻くのは至難の業なので、ホワイトバンドが売られているのを知った時は喜んだ。それでも購入には一ヶ月悩んだが。

悩んだのは「やっぱこれって偽善だよな」というのがあるからで、その意識は今でも変わらない。慈善と偽善は双子の兄弟なので、その事に問題はない。

私がホワイトバンドをしているのは、それが募金になっていない点を評価しているからだ。
お金よりも意思を供出することに力点が置かれている部分を買ったのだ。
買ったところで何にもならない。だからそこで満足したり安心したりしていられない。そこがいい。
募金活動じゃなければ意味が無いと言うなら、只の紙や布を手首に巻いてホワイトバンド運動に参加している人たちの意思をどうやって尊重すると言うのか。
逆に言えば、タダで済むものに適当な価値を上乗せして販売して、よしんばそれでボロ儲けする奴が居たとして何だと言うのか。そういう世の中じゃないか。そこんとこが結構ダイレクトに世界の貧しさと自分の生活との矛盾に繋がってんじゃないか。

私は LIVE 8 についても賛意と反意が半々だ。
ホワイトバンドの CM に出演してる有名人たちに対しても、愛憎相半ばするような(そこまでじゃないけど)感情を抱いている。
要するに、気に入ってるけど、気に入らない。

そんなムズムズザワザワするような振幅を感じさせてくれるアイテムを、身に着けない手はないじゃないか。
貧しさって嫌だよね、なんて事をワザワザ主張しながら表を歩かなきゃいけないのは世知辛い気がするが、ハッキリ言っとかないと分かんねえのかな、ってのも先の総選挙で思ったしね。
(選挙で思い出したけどこのホワイトバンド、ウチの選挙区では石原の息子本人と共産党候補のスタッフが着けてた。この振り幅。)


参考リンク:
ほっとけない 世界のまずしさ ( http://www.hottokenai.jp/ )
ホワイトバンドの問題点 ( http://whiteband.sakura.ne.jp/index.php?FrontPage )
ほっとけない 日本の汚さ ( http://www.geocities.jp/red_band_campaign/ )

(他にも色んなカラーバンドがある)
ネットで少しだけ世界のためにできること ( http://ribonband.seesaa.net/ ) カラーバンドの意味・解説 ( http://ribonband.seesaa.net/category/764191.html )

(ブラックバンドはコレ位?)
I Did Not Vote 4 Bush ( http://www.ididnotvote4bush.com/pages/1/index.htm )


ここまで(↑)。
僕の意見については、こちらに記録がありますのでよろしければご覧ください(また書きますけど)。

たとえば「ホワイトバンド詐欺」という言葉があるのだけれども、それならホワイトバンドが300万本売れて3億円できたとして、それを現地に寄付してどうにかなるのかちくっと考えろい、ライブエイドは300億円寄付して焼け石に水だったぞ、といったようなことを僕は思っているのでした。「一過性の現金供与ではしょうがない」というのが常識なのでしょう、現場(今回で言えばホワイトバンドの運営側)はそれを常識として知悉しているからこそ説明できなかった(その説明こそが必要であることが理解できなかった)し、もっと言っちゃえば基本的に福祉の現場関係者に社会性がないのはあたりまえじゃないですか。

これまでもずうっと疎外され続けてきたのだから。
なんの将来性もない世界でちまちまとやってきたのだから(日本では、ね)。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ホワイトバンド事務局は素人集団
後ろにつける某所からのコピペの情報を見る限り、とても
>現場(今回で言えばホワイトバンドの運営側)はそれを常識として知悉しているからこそ説明できなかった
とは思えません。まあ、御自分で御覧になられたし。

−コピペ
ホワイトバンド事務局の人が書いているホワイトバンドオフィシャルブログの
あるエントリが、ホワイトバンド運動に詳しい人の批判を受けて(笑)説明無しに
削除されました。要するに、なかったことにされています。
(これはもう、笑うしかない。それもヒステリックに)

削除されたエントリ(現在は他のページに飛ばされます)
「魚ではなく釣竿をあげる。」
http://blogs.yahoo.co.jp/whitebandproject/14957692.html

それに対する、アフリカ問題に詳しい人のブログの批判エントリ:
「彼らが釣り竿を持たなかったのではない。我々の驕慢が彼らの釣り竿を打ち砕いたのだ」
http://skasuga.talktank.net/diary/archives/000193.html
削除されたエントリの内容もちょこっと書かれています。

わたしはもう呆れるやら頭抱えるやら。
なぜこんなシロウトがホワイトバンド運動をやってるの?
2005/10/27(木) 04:19:20 | URL | トーリス・ガリィ #-[ 編集]
私の頭の中にメモ。
【慈善と偽善は双子の兄弟】
すばらしい…すばらしすぎる…。これこそ某福祉団体にビンゴなキャッチフレーズ…。
2005/10/27(木) 12:15:22 | URL | aquirax #lz7/PP5w[ 編集]
彼らの常識
と書けばよかったかしらん、僕もたとえばaquiraxもそのあたりではさんざ痛い目を見ているものだから、今さらことさらに福祉関係者の無能を言わないだけなんですよ。というか、ちょっと脳味噌のある人間だったらいまの日本のバカで不合理で僻みっぽい福祉なんかにゃ関わりません。くどいけどex.↓。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brick/1543/
リンク先は面白いスね、ありがとうございました。

>>悪鬼羅。
以前に俺の書いたもんに「偽善も善のうち」ってのがあったぞ(笑)。どうよ。
http://reviken.blog6.fc2.com/blog-entry-357.html

ついでに、トラックバックで「楽天アフィリエイトでホワイトバンドを売ってます」ってのがあって、これはどうしたもんかなあ。
http://reviken.blog6.fc2.com/blog-entry-357.html#trackback16
2005/10/27(木) 13:22:04 | URL | りび #GAkJEmLM[ 編集]
前向きに考えませんか
確かに説明不足だったり、思いのほか、知名度が高まったりしましたけどね。
多分、今までの募金とかじゃ、アフリカの貧困なんて大きすぎる問題は解決しないと思うんですよ。
だから、これを機会にこういうことを前向きに考えられればなぁーと思います。
2005/10/27(木) 13:55:07 | URL | colazondeste #-[ 編集]
せめてもの前向き
としてのイカリング(生)装用なわけですよね。個人的には「とりあえずできるところから始めようよ」くらいの心算ではいるのでした。

そも先進国のODAなんてのはNGOを対象にするのがあたりまえで(国連NGOとかの話はひとまず措く)、じかに施設だのを作っているのは日本くらいでしょ? 3秒にひとりとするならば年間で一千万人、そこに一過性の数億円を放り込んでどうにかなると考えるほうがずうずうしいわけだし(それこそcolazondesteさんの言うところの「自己満足」止まりでしょう)。そしていま財布に五千円入っているちょっと裕福な俺が全財産を供出してもほぼ役に立たないくらいのことは判るし。

あるいは、自衛隊の安い戦闘機が1機で100億円超。日本の防衛予算は25兆円。不要とは言わんが、この「誤差」分くらいを投入するだけでもけっこう事態が好転しそうなことくらいは、僕にも判ります。

ホワイトバンドがどう転ぶか、あるいはショボるのかもしれませんが、たしかにいい機会ではあったのではないかとも思うものなのでした。
2005/10/27(木) 15:36:36 | URL | りび #GAkJEmLM[ 編集]
ヨーロッパ中世の募金的なもの
前、大学の授業で教わったんですけど。
ヨーロッパって、歴史的に裕福なものが貧乏人に恵むっていう習慣があったみたいですね。それが資本主義だという人もありますが。ヨーロッパにはそれなりの歴史があって。日本とは一概に比べられないかと。
募金は役に立たない、とかいうつもりはありませんが、広報のためとかの活動資金ってやっぱり必要だと思います。活動しているからって、時間は決まっているし、衣食住だってしなきゃいけない。儲けすぎっていうのはあるにしても。
どうすれば、アフリカの貧しいこどもたちにとって有効なのか、考えてる機会ですよね。次回の活動ではもっといいものを!
お互い、考えたいですね。
2005/10/27(木) 16:06:35 | URL | colazondeste #-[ 編集]
どうよ…却下(笑)。
偽善も善のうちだとわかって偽善をやってんじゃないだろうから。
彼らは慈善をやってると思い込んで実は偽善をやってんだろうから。
ようするに偽善をやってるってわかってないところも不幸なんだろうな。
2005/10/27(木) 21:16:36 | URL | aquirax #lz7/PP5w[ 編集]
却下を却下。
だからお前はダメなんだ>>悪鬼羅。

善を成しているつもりで結果として悪を働いている全難聴がいかんのであって、これは単に頭が悪いんだ。

あからさまに「悪いことと知りつつ善人のふりをして実行している」のは尊師だけなんだから(米屋にそこまでの知恵はない)、尊師以外は「偽善」とは呼べんよ。とりあえず辞書ひいとけ。

ほんとに福祉関係(の知り合い)ってば、バカばっかり。悪鬼羅はもう少しくらいマシだと思っていたのだが。
2005/10/27(木) 22:36:45 | URL | りび #GAkJEmLM[ 編集]
ダメ出しかよ…。
尊師の場合はその通りだろうけど、ドタキャン事件なんぞ米屋の偽善そのものじゃないか。
単なる君への私怨にすぎないドタキャンを承知の上で、関係者に多大な損害や迷惑を及ぼすのも知りつつ、ドタキャンすることは団体のためだという公の名目を、正義の善人のふりをして周囲に押し通したのは米屋の偽善だろう。ドタキャンが善を成しているつもりの結果とはとても思えん。私怨なら翻意させられんから俺もギリギリで引いたんであって、善を成しているつもりのバカ相手だと思ったら一歩も引いてないぜよ。
でもまぁ、単に頭が悪いと、そこまでの知恵はない、には激しく同意するけど(笑)。それと本題の偽善の用法に関しては、こりゃ俺がタコでしたな。言わんとするところは、当人は慈善をやってるつもりでも、ハタから見ると偽善(意志があるか頭があるかは於く)をやってるようにしか見えんということだったんだが、ハショリすぎたな。
2005/10/28(金) 02:24:02 | URL | aquirax #lz7/PP5w[ 編集]
>>悪鬼羅。
そういえば、以前に書いた「蒲郡事件」のテキストって持ってない? たぶんそこのHDDに入っているのだろうとは思うのだが、なんか出てこないんだよねえ(笑)。
2005/10/28(金) 04:39:38 | URL | りび #GAkJEmLM[ 編集]
>>罹媚。
俺もあっちのHDD(Win95マシンだよ!)なんだが、FDDのみでUSBもLANもなし。
こっちのマシンにゃFDDなんぞない。さてさて探し出せてもどうしたもんだか。
2005/10/28(金) 15:02:24 | URL | aquirax #lz7/PP5w[ 編集]
んじゃ。
こっちで見つけたら連絡する>>悪鬼羅。

たぶんこっちもWin95マシンのなかなんだけど、字幕で使ってたハブがあるからなんとかなるんじゃないかなあ。
2005/10/28(金) 22:02:04 | URL | りび #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy