FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


教室? or 独学?
某所ウクレレ関係にて、表題の記事にコメントしたものです。ご参考まで。
僕が書き込んでいいのか、なんて思って笑っているウクレレ教室のセンセーです。独学です。1999年の暮れに初めての弦楽器としてウクレレを買ってきて、2003年の春から教えています。いいのかなあ、こんなことで。

今日は教室の選び方、みたいな話で。

教える立場からの個人的な意見とすれば、習いにくるにせよまずいったんは見学にきていただければなあ、とは思います。たとえば僕のお稽古だと、センセーがハワイアンは知らないし、なんか見た目パンクスだし、ひとつできたと見るとすぐ次の課題を書き加えてくれちゃうし、生徒さんの弱点を攻撃していく方針だし(生徒さんに「長所を伸ばしてくださいよぅ」と言われたことがあります。そりゃそうだ(笑))。入会金などお支払いになってから「こんな筈じゃなかった」と思われるのは、こちらとしてもちょっと辛いものです。逆に、ロック演りたい、ジャズ演りたい、昭和歌謡を歌いたい、宴会芸を演りたい、電化ウクレレを炸裂させたい、といったあまりウクレレ教室らしくないニーズがあればお応えできそうな気もしますし。そういう特殊な教室もあるわけで、これは見にきていただかないと判らんと思います。

あとは、機会があれば先生候補のかたの演奏は聴いてみていただければ、と。
その教室の生徒さんの演奏を聴いてみる、という手もあるましょうか。

話は逸れますが、以前に教えていたことのある某教室では、挨拶に行くなり幹部氏から「どんどん教えると生徒さんがすぐ辞めちゃうから、あまり教えてくれるな」と言われました。もちろん無視してがつがつ教えていましたけれども(というか、そんな指示に従う先生は世の中にいませんが)、そんな方針を持つ教室にあなたは通いたいですか?
あるいは、ちょっと覗いてみる機会のあった某所集団レッスンでは、スリーコードのハワイアンの譜面が配られて、先生に合わせてみんなで延々ジャカジャカやってるだけでした。とくに指導らしいこともなかったのだけれども、あれはなんだったんだろう。といったあたりも、いちど見学しておけばある程度は判断できるのではないかと思います。
もとより(慌てて言い足しておきますと)、いい教室も世の中にたくさんあります。僕もいろんな人(バンスKとかジェイムズ・ヒルとかカマテツさんとか)のワークショップにはよく顔を出していますし、高円寺の金髪先生とか五反田の大橋英比個先生のところなんかは、予算と時間があれば僕も通いたいところではあるのですが。

こういうのも「出会い」ですから、人間同士のこととて相性もありますしタイミングもありましょうし、と急に言い訳めいてきたりなんかしたところで(笑)、今日はこのへんで。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy