FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2015年8月28日(金曜日)から29日(土曜日)の起床時まで: あの真珠色の朝を。
今日の健康: 不眠症もどき滅茶苦茶篇。

睡眠記録 木曜日の夜は02:10にレンドルミン(睡眠導入剤、0.25 mg)2錠をを投入して、03:00から04:30まで90分間眠る。その前の晩に19:00まで眠っているから、ってよく判んないすね、チャートでも参考にしてくれ。

いま寝ていたのはさて夜寝なのか昼寝なのかよくわからないまま、朝御飯でホンビノス貝のお吸い物と卵かけ御飯などいただく。それで07:20にレンドルミンを1錠服用して朝寝でもしようかと思ったら、こいつがぜんぜん眠れない。昼まだきになってから眠るのをやめて、ひょっとしてこのまま夜まで我慢して起きていればなんとかなるのではないか、などと思いつく。思いついたので起きていたら、天の邪鬼な身体が14:00くらいからこんどは眠気を訴え始めるわけ。もうお父さん困っちゃいますよ。そも眠いのを我慢するなんてのはいつ以来のことだろう。

そんなことで18:30くらいにお蒲団に潜り込んで、18:50から19:10まで20分間眠る。なんだそれは。そのあとも眠いことは眠いのだが細切れの睡眠を繰り返す感じで、ついでになんでか頻尿めいた症状も出てきて20分おきに3回か4回ほども小用に立つ。なんだかなあ。「眠気を我慢」なんていう真似をしたものだから、また脳味噌がびっくりしているのに違いない。

けっきょく23:00にレンドルミンを2錠服用して、24:00から05:00までの5時間はゆっくり眠れた。


今日の症状はあとは、左腕が上がらないのと背骨がやたらと痛い、くらい。いつもどおり。

今日の料理:

水曜日に東中野サミットで買ってきたラム肉とホンビノス貝をとりあえず消費するというミッションもあって、食事がいろいろとワンパターンになってしまったのは仕方あるまい。


ケンミンの焼きビーフン ケンミンの焼きビーフン ケンミンの焼きビーフン ラム肉もいろいろと使い途はあるのだけれども、食材が払底しているもので今回はケンミンの焼きビーフンばっかり。ツルムラサキを足して失敗したり、冗談で烏賊を放り込んでみたら美味かったりする。

ホンビノス貝のお澄し ホンビノス貝のお澄しとTKG ホンビノス貝はお澄しにしたのだが、冗談で溶き卵を放り込んでみたら見た目も冗談みたいになってしまった。まあいいや。木曜日の朝は素直にお吸い物でいただいて、午後は卵かけ御飯と合わせた。

生協の章魚の薄造り LAWSONのブナシメジ メニューが順列組み合わせになってくるもので、生協で売ってる蛸の薄造りにポン酢、なんてのもたまにいただく。木曜日の夜は、ケンミンの焼きビーフンとかオムレツとかお吸い物とかを予定しているのに万能選手ブナシメジさんが1パックしかないなあと思っていたら、近所のLAWSONにちゃんと置いてあったので少し安心したり。

土曜日は、木曜日の夜に東中野ライフで買ってきて塩麹に漬けておいた鶏肉が主食となるであろう。


今日のよしなしごと:

お鍋の蓋(これはスペア) 重宝しているガラス製の鍋蓋が、起き出して台所にくると粉々に割れている。そうないことでもないとは承知しているのだが、半年で2回となるとちと頻繁に過ぎはしまいか。前回は「さては酔っぱらったか寝惚けたかして叩き壊したか」と思って心配したのだが、調べてみたらどうやらこまかな傷が原因となる応力集中かなんかで割れたりはするらしい。

写真はたまたまそのへんにあったスペアだが、頑張って長生きしていただきたいものだ。


釦付シャツ 旧い糸と新しい糸 曇天続きのうえに生活時間帯がスカタンなうえに寝汗で湿ったTシャツがいっぱいあって、お洗濯物がたまっちゃっているのは、まあいい。愛用のお爺ちゃんの形見のシャツの釦がまたどこかに消えたものだから、手許にあるものをてきとうに縫いつけてみた。写真一番下で目立っているのがそれだが、長いスパンで見れば全取っ替えになるのだろうから、まあなんでもよかろう。

糸は、実家からくすねてきた母の形見のボビンの糸を使ってみたら、ぷちぷち切れて使い物にならん。そりゃまあ、母が足踏みミシンでがたがたやっていたのはひょっとすると東京オリンピックの時分だもんな、うっかりすると50年選手なのだからしかたあるまい。幸い先日に新宿タカシマヤのユザワヤさんで買ってきた糸もあったものだから、そちらを使ってちくちく。


今日の今日:

おしり というわけで土曜日の朝なのだが、寝足りてこの時刻に目覚めたというと、チャートを見るに13日、14日、18日といったあたりか。いずれもその後のペースを大きく乱しているので、今回あたりからは「夜就眠して朝起きる」ペースを取り戻したいものだ。

とりあえず体調はよろしい、ような気がする。どこか遠くにお散歩にでも出てみようか。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy