FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2015年6月11日から6月30日までの膵炎自炊まとめ。
今日の料理:

キッチン こんなところで調理している。

最後に膵臓が痛んでから約3か月になり、脂質制限にも油断しがちな私だ。現状でやはり基本は5 g/dayあたりで廻しているのだが、意外と50 g/dayくらいなら平気なんじゃないかな。いや、よくは判らないのだが今日は半年ぶりに生卵を買い込んできた感じの私だ。生卵ひとつで脂質6 gがところはあるからけっこうな爆弾なんだけどね、なんとなく大丈夫みたい。


鍋はテフロン加工のフライパンの大小ふたつと、ステンレスの雪平鍋的ななにかと、たまにル・クルーゼや片手中華鍋で凝ったものを作ることもある。包丁はふつうの牛刀(ゾーリンゲンだが)の研げるやつ。薬罐はお茶用とお湯用にふたつ。俎板がダイソーのガラス製品に落ち着いたのは、やはり体力的に感染症が怖いからだ。箸も当面は竹製の割り箸を使っているのだが、まあしょうことあるまい。

2年間の不在で什器のたぐいがあらかた腐ってしまったもので、しかたがないのでこれもダイソーでてきとうな丼とスープ皿を買ってきて使っている。とくに不便はないな。


タマネギ蒸し

タマネギ蒸し タマネギの半割をレンチンして、塩するだけ。刻んじゃってチンすると蒸しが足りなくなるので、割るか丸ごとかどちらか。さすが旬とてやたらと美味しい。とうぜん無脂肪。

胡椒は不要であった。


ゴーヤチャンプルー de プリミティブ

ゴーヤチャンプルー基礎 ゴーヤ塩ふり中 ひさしぶりに買った卵はヤキソバに使ってしまったので、本日のぶんはおしまい。脂質制限から考えると豆腐も使えないので、最小限の具材で作るゴーヤチャンプルーを考えたらこんな感じか。

1. ゴーヤは半切りの綿抜きをして、塩してしばらく置く。
2. 油脂分として少量の合挽肉をパンに散らして熱する。
3. イナバツナスーパーノンオイル缶を放り込む。
4. ゴーヤ、モヤシの順で放り込む。
5. カツブシなどふりかけて出来上がり。

「ちょっとしたツマミ」と考えれば充分だろう。




ケンミンの焼きビーフン

ケンミンの焼きビーフン 作り方はいつも通りなのだが、肉野菜がLAWSONの「肉野菜炒めパック」の冷凍で100円。現状ではいちばん手軽なレシピではあるなあ。脂5.6 gほどなのでまあなんとか。


冷凍烏賊の炊き込みご飯

烏賊炊き込み御飯 さすがにこれはない だろうとも思うのだが、夜半に飯を炊くときに冷凍烏賊、塩と粉末出汁と酒など足して仕上げに鰹節を足してみたら、これが美味いのなんの。あとはせいぜい山椒が欲しかったくらいかな、これはもうちょっと研究してみようと思う。


豚ハツのカタクリ蒸し

.豚ハツの片栗粉炒め


麸入りチャンプルー

ゴーヤチャンプルー (2) ゴーヤチャンプルーに、水で戻した麸を放り込んで炒めるわけ。


甘エビの豪華スイートチリソース

豪華海老御膳 スイートチリソースは意外と万能。今日は甘エビね。


ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプル ゴーヤチャンプルー 豚ロースだモヤシだスパムだトンガラシだ麸だ、とまあいろいろ。

ゴーヤチャンプルー ゴーヤチャンプルー


玉葱と冷凍海老のスイートチリソース

玉葱と冷凍海老のスイートチリソース


ハーブティー

ハーブティー 薬罐 おやつで淹れたハーブティーと、新調した薬罐。
旧薬罐は「麦茶用」として活躍している。新薬罐はお湯用。


さくらんぼう

山形のさくらんぼ 到来物のさくらんぼう(山形産)。おいしい。


生鱈の片栗粉まぶし、紫蘇油焼き

鱈焼き 北海道産とアメリカ産とがあって北海道産のほうが圧倒的に美味いのだが、どっちにしてもカムチャツカ半島からベーリング海にかけてだよなあ。いやまあ、そんなに深くは考えない。

鱈の切り身にはごく軽く塩をして、片栗粉をまぶしてパンに放り込んで3分かそこら焼く。ほかの調味料はなにも要らない。紫蘇油も実は要らないのだが、香り付けくらいの感じかな。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy