FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2015年6月11日(木曜日): ひねもすのたり。
今日の中野オデッセイ:

お不動さまの蹲踞 昨夜も不眠傾向はあったのだけれども、寝たり起きたりでうまくごまかして6 hがところは眠ったかな。いい傾向だと思う。ちなみに今朝の体重が56.3 kg(BMI 20.2)で、なにやら安定してきたような気もする。ここ1週間ほどたまに出現していた目眩や視野の揺れも今日はない、ような気がする。肋骨もそんなには痛くないから、なんか大丈夫なんじゃないかなあ。だといいなあ。

その肋骨を折ったのは先月27日なのだが、朝にお財布を点検していたら中野総合病院の「千円」の預かり証文が出てきた。そういえば早朝にあまりの肋骨の痛さに辟易して、中野共立病院さんと横畠病院さんには断られたのかな? 初めて中野総合病院までてくてく行って診ていただいて、05:10から会計が開いているわけもなく1,000円置いて帰ってきていたのであった。いかん、ころりと忘れておったのはさいきん惚けに磨きがかかっているせいなのだろうなあ。

ちなみにその早朝の診療は、レントゲン撮影による骨折の事実と部位確認と、気胸の有無の診断だった。カロナールを処方していただいて帰ったんだったよな、丁寧に対応していただいてありがたかった。


そんなことで、ほんとうは期限1週間だった精算をしにてくてくと中野総合病院さんまで歩いていく恩知らずの私だ。落合公園界隈から行きは新井薬師駅のあたりから薬師あいロードを抜けて中野総合病院へ。精算を済ませての帰路は中野図書館にちょっと寄って、フレドリック・ブラウン『さあ、気ちがいになりなさい』(星新一訳、早川書房)があったので2編ほど読んで20分ほど休憩して、五中の前のお不動さまの蹲踞でお水をいただいて、往復6マイルをのんびりと2時間ほど歩いた。

今日の夢の装置:

ピタゴラ装置 お散歩途中でみかけた、なにやらの目的を以て設置されたであろうことは間違いない、なにやらの装置。下の茶色い平面は一畳敷きほどの分厚い鉄板で、しかしためつすがめつしても用途も目的もさっぱり判らない。

なんなんだろう。


今日の夢の装置(2):

風を呼ぶ扇風機 寝所の冷房装置がずいぶんまえから壊れていて、一昨年はほぼ実家に詰めていたのでまだよかったのだが、昨夏は木造家屋の2階の暑さにほぼ死にそうになっておったりなんだり。とはいうものの虞病(ってか罹病か)で資金もないしどうするかなと思っていて、台所で「焼魚用扇風装置」と化したのち15年ほども放っておかれた扇風機を持ち出してみて、スイッチを入れる。動かない。

なんだかよく判らないのだけれども、拭いたり吹いたりしているうちになんか治ったみたいで動き始めた。モーターのとこのブラシっての? なんかコイルの垢を吹き飛ばしたら効いたみたいなのだけれども、やはりよく判らないが動いたからいいや。

でも剣呑なので早めに買い換えよう。私がいま人生で心配しているのは「自宅での失火」だけなんだなこれが。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy