FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2015年5月27日(水曜日): 歯ぁ割れるわ肋骨割れるわ。
今日の健康:

しょんぼり 冷静に考えれば、肋骨をたしょういわしたからってけっきょくは存置療法と痛み止めしかないんだから、お医者さんに行ってもあまり意味はないんだよね。痛いのはあたりまえなんだし、しかも設備と体制のあまり整っていない(失敬)夜間救急に行くなど愚の骨頂。どっちかというと家でじっとしているのが、たぶん正しい。

今回は右の8番から10番くらいを日曜日にやらかしていて、まったくしょうもないことにその1週間前くらいにも同じく右の6番から8番くらいをパキっとな。ここまでくるとむしろ元気だと行っても断言しても構わないわけだが、なにしろ咳をしても痛いし身動きしても痛いし息をしても痛いし眠れもしねえし、ほんとにまったくしょうがねえな。

いちおう先日の受診でロキソニンテープは支給されていたのだが、夜中にあんまり痛いものだからやっぱり、どこに行こう。中野共立でも東京女子医大でもどこでもいいようなものだが、最近に同病で受診した中野総合病院にお電話して、タクシーでとことこと行ってみるわけ。頑張れば自転車でも行けたとは思うのだけれども、それも悲壮感がないしな。

それでも行ってはみるもので、先週は頭部CTも撮っていただいていたし、今日はそれも踏まえて開放性気胸の検査って感じでしたな(というか、こういうすっとこどっこいな患者にできる施療はこれくらいしかない)。そこはクリアして、膏薬のたぐいはたくさん持っているものだからあとは痛み止めでカロナール200 mg*2を5回分ほど出していただいた、ってことは患部を見ていないので自覚はないけど発赤とか発熱とかもあったのかな。どのみち服用はしないと思うけれど。あとは膏薬を貼って存置。

帰宅時点では中野駅に05:30くらいにはいたもので、営団地下鉄東西線でとろとろと帰宅。これだけ歩けるんだからなにも夜分にお医者さんに行く必要はなかったんだな、と改めて反省する。だって痛かったんだもん、堪忍しておくんない。


ほんとうは差し歯も1本ぱきっと行っていて、今日は昼から歯医者さんにも行く予定があったんだよね。これは帰宅してから歯医者さんの留守電にキャンセルを入れて、午後になってから明日の予約を入れていただいた。こっちは意外と困っていない。痛くもないしな。

今日の食事: 膵炎病みで脂質 制限のある私の日常。

なか卯のうどん ケンミンの焼きビーフン

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy