FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


比目魚。
ヒラメ センセー後に、東中野ライフでお買い物。今朝は海でなんかあったのかなあ、魚類がけっこう払底していて悩みましたが、けっきょく250円のヒラメなど買って、と。いや、カレイじゃなくてヒラメ。250円だけどヒラメ。250円だけど30cm(300gくらいか?)。天下堂々の青森産(たしか「県の魚」に指定されていたような)で、俺は下北半島は大間崎で刺し網漁師をしていたこともある(本当)もので、ちょっとは縁がないわけでもないなあ。いや値段からすればいくらなんでも栽培漁業だとは思うが、サンマが200円でヒラメが250円ならそりゃあヒラメでしょう。というか、ヒラメって買ったの初めてかなあ、俺。生魚だとイサキもずいぶん買ってないし、ひょっとして長いことニジマスとイカとアジとサンマにしかさわっていないかもしれない。

鰯が秋刀魚より安かったころが懐かしいなあ。大好きなのに高くて買えないイワシ。
そういえばウクレレ始めてから蟹も喰ってない。蟹喰いながらウクレレ弾けないもんなあ、いかに俺が器用だとはいえ。


え? むにえるってなに? というわけであっさり酒蒸しに。

包丁でざっくりしごいてから軽く切れ目を入れて、フライパンに敷いた昆布の上に平目を乗せて、日本酒(けっこういい品、とうぜん到来物)をかけてから塩を撒いて、生姜を乗せて蓋をして火にかける。はい、できあがりっと。

という予定でした。


ヒラメ 昆布がねえよ。そういえばこないだ使い切ったのを忘れていた。えーと、無化調の粉末ホワイトソースがあるなあ、なんだそりゃ。ってんで、こいつぁフライパンでやってうっかり焦がしたら悲惨だ。じゃあものすんごく久しぶりに寸胴の蒸し器を引っ張りだしてきて、鱗を落としたヒラメを皿に乗せて、ホワイトソース粉末と塩を振りかけて、酒を入れて、蒸す。

失敗したときの準備として、念のためこーれーぐーすもふりかけておく。これでたいがいのものは喰える筈だ。お客さん用でなくてほんとうによかった。つうか昆布切らすなよ俺。
大失敗したときの準備で、冷蔵庫にあったししとうも乗せておきました。いくらなんでもこれは喰えるだろう。

いくらなんでも無茶しすぎやないか。250円と雖もヒラメだぞ。どきどき。


ヒラメ

よかった、それなりに美味しい。
塩より醤油だったかな、まあいいや。
彩りで赤いものが欲しかったかな。パプリカくらいしか思いつかんが。
骨と頭も、疑似七輪で焼いて食べた。

また同じ値段で見つけたら、こんどは梅干で煮てみようと思う。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy