FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2014年7月29日(火曜日): 腹が痛くて笑っちゃうくらい。
今日の腹痛:

経鼻栄養中測定器付き 膵炎入院43日間から生還したばかりなのだが、腹が痛くて寝たり起きたりしている。

なんだかんだで身体に気を遣いまくってはいるのだが、痛いもんは痛い。なんか悪いことしたかなあ、と悩んでもしょうがありませんね。


今日の療養:

お昼過ぎまで寝たり起きたりして、午後になってから「ひとりじゃヤバい状態」になると厭だなと思ってとことこと実家へ。徒歩10分がところの道程がけっこう辛いね、とちゅうの道端でところどころ休む。知らないひとが観察していたら、爺さんの散歩だ。さいきんテレビドラマを眺めていると69歳の長塚京三とか70歳の尾藤イサオが脚本上ではジジイ扱いされているのにぜんぜん爺さんに見えなかったりして、じっさい男声合唱三月会あたりに行くと100メートルを13秒くらいで駆け抜けそうな爺さんがごろごろいるし、これは爺さんに失礼な表現ではあったか。

そんなことでよぼよぼと実家に立ち寄って、

父「どうした」
俺「風呂借りるついでに昼寝しにきました」

痛いなんてことはおくびにも出さずに、弟部屋でごろごろする。
素人考えだが、左側臥位で痛むということは膵液ダダ漏れ、右側臥位でも痛むのだから炎症も出ているね。ということは、とうぜん腹臥位も痛い。両肩前部が軽く痛むのは所謂放散痛だが、つまりサイトカインもマワっているわけであまりよろしくない。いちおう血圧と体温は普通っぽいので、いきなり死にはしない、といいな。

風呂はフェイクね、あんな体力をつかう作業をいましたくない。


今日の蟄居:

脅迫状 ほんとうはユナイテッドシネマとしまえんの『ゴジラ』を17:30から押さえてあったのだがキャンセルさせていただいて、ほんとうは絶食してお茶でも飲んで寝ているのがベストなのだが、そこは食いしん坊なのでなにやら齧る。痛いのもきらいだが、腹が減るのも嫌いなんだからしかたがないし、速攻で治さなければならない理由もとくにはない。なんたってこちとらここ半年ほどは堂々の無産階級を張っているのだ。

無産階級で思い出したが、入院で43日間ほど留守にしているあいだに中野区税から脅迫状が届いておった。

>>このまま放置されますと、
>>先日送付した文書のとおりとなります
住民税を滞納しているのは事実のようなのでそこに文句はないが、もそっと書きようはないものかとは思う。「送付した文書のとおり」というのは、郵便物の山をひっくりかえしたら「取引先等への調査や、財産差押」を意味する。「取引先等への」ってあたりに卑しさを感じちまうよな、ふつうの日本語なら「取引先等の調査」であって、要するに「取引先にチクるぞ」って脅してるわけね、こいつは。いやまあ、いちいち目くじり立ててもしょうがないわけだし、いまは日本中がこんな感じだ。

鰻 竹輪

22時くらいに起き出してみたら、父は鰻を喰っていた。
僕はおとなしく、竹輪を炙って山葵漬でいただきました。

ゴジラ×メカゴジラ 父がなにを思ったのかテレビの『ゴジラ×メカゴジラ』(2002、釈由美子のやつ)を眺めていて、起きてきたなりの僕に「この女の子はなんだ」と尋ねる。訊くほうも訊くほうだが、「メカゴジラがゴジラの骨からできてるもんで、メカゴジラがゴジラ魂に乗っ取られたの。そのゴジラ魂と共感しているのがその子」とかなり正確に解説してしまう俺も俺だな。


今日の静養:

脳男 たしょう痛みが落ち着いたかなというあたりで、西武新宿線中井駅前あたりを経由して自宅に向かう。駅前のコンビニを廻って、油脂分の少なくて美味しい「きなこねじり」、きな粉と砂糖の練り菓子で五菓宝の米を抜いたようなやつ、がないかなと思って捜してみたのだけれども、見当たりませんな。大病院のコンビニなら4軒が4軒とも扱っていたのだが、あんなに美味しいくて楽しいお菓子をなぜ置かないのだ。昨晩のお散歩と併せて考えると、中井界隈では僕の望む食材はほぼ手に入らないことが判ったので、明日は元気があったら東中野か落合南長崎、いっそ中野か高田馬場界隈を攻めてみましょうか。しかたがないので、飴少々と無脂肪ヨーグルトをちょいと買い込んで帰宅。ヨーグルトは買い置きのパイナップル缶にブチ込んで夜食にしようかな。

帰宅して、レンタルDVDの『脳男』を見始めたところ。原作のある映画化作品というと「原作読んでりゃ充分」「原作より面白い」「原作とは別モノ」くらいに分かれると思うのだけれど、『脳男』は、いや言わないけけけ。さいきんなら東野圭吾のガリレオシリーズのテレビドラマ化がいい仕事をしていたように思う。『プラチナデータ』の原作鹿十ぶりも愉しかったかしらん。宮部みゆき『クロスファイア』がちょっと惜しかったかもしらんが、あれはあれで大好きな怪獣映画なのです。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy