FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2014年5月1日(木曜日): ベッドにいるひと。
今日の病人:

中病院屋上より西陽を望む

虞膵炎入院11日目、いよいよ明日が退院ということでいやがうえにも緊張感がない。点滴も昨晩で終わっちゃったし、お食事はいただいて薬を服用してはいるものの、あとはなんとなくベッドに座り込んでのんびりしているおっさん(おっさん言うな)がひとり。ときどきいなくなって病院の近所とか病院の屋上とかをうろうろしているから、徘徊中年(中年言うな)というほうが実態に近い、のかもしれません。午後からテレ東午後ロー『スカイライン-征服-』とかいう三文アメリカSF映画を2時間眺めていたら、けっこうちゃんとしたつくりで得した気分ですよ。

南瓜の坊ちゃん 龍馬印ピーマン 写真は名残惜しい中野中病院屋上風景で、西陽に照らされたビル群はそれなりに美しいのだが、入院しないと見られないものだからなるべくならば見納めということにしたいものです。野菜は菜園にあった南瓜の「坊っちゃん」と龍馬印のピーマンで、これも収穫期の姿を見たいような見たくないような。いずれにせよ菜園関係に四国出身者がいることは間違いないようですね。


今日のお食事:

病院食、朝 病院食、昼 病院食、晩

明日のお昼からは食事も自弁しなければならないわけで、いまひとつ焦点が定まらないというか、膵炎関連の書籍だのウェブサイトだのを眺めているとだな、書いてあることをいちいち遵守していると食えるものがない。消化酵素の分泌を促進する糖質即ちご飯やパスタのたぐい、そもそも消化によろしくない繊維質即ち野菜のたぐい、もともと食っちゃいけない脂身の多い肉だの乳製品だの、これが食えないついでに酒と煙草もやめとこうね。だいじょうぶ、カフェインのないお茶なら飲んでもいいよ、って明らかに殺しにかかってますよね、本気で。

そうさの、当座は病院食の真似事から始めてみる、ということでしょうか。さいわいそんなにややこしい料理もなかったようだし、細かいところはいろいろと参考にさせていただけると思うのです。ごちそうさまでした。


今日の週末:

半音階の闘い 入院していても世間はうつろう。ふと気がつくと初夏がやってきているそうだし、金曜日に退院して土曜日にはライブだ。相方の藤原さんも先発の真澄さんも達者なものだから、ここはひとつ油断していてもなんとかはなるんじゃないかな。前回の藤原さんとのデュオも、曲はなんとなく決めておいて、僕は本番10分前に現地入りして、その場で打ち合わせしながらステージこなしたもんね、そんなもんさ。

曲リスト案 午後からなんとなく、曲の候補は挙げてみる。前回は4曲で20分ステージだったから、今回は40分ステージなので8曲でいい、のかな。最終的には僕がフォークを1曲歌うのに藤原さんのハーモニカを付けていただくという贅沢をするとだいたいちょうどいいような気はしているのです。

真澄師匠からはDINDIのリクエストが入っているのだが、ボサノバは体調に余裕がないと厳しいんじゃないかなあ。そのあたりは帰宅してから考えてみることにしましょう。


今日のおやすみ:

今日もそろそろ店じまいとて、明朝起きたら荷造りをして、朝御飯をいただいたら病院を辞する感じですね。2週間ぶりの娑婆、2週間ぶりの我が家だ。

お昼御飯、どうしようかしらん。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy