FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2014年4月25日(金曜日): ごはんのしあわせ。
入院患者の一日は、時間との闘いである。とくに僕のような初手から寛解期みたいな患者の場合、暇で暇でしょうがない。

虞膵炎入院5日目の今日は「甘い飴」の間食が解禁されたものだから、活字本でもなんとなく読めるようになってきたのはようございました。昨日までなら栄養不良かなんか知らんが脳味噌がいつも以上にぼーっとしていて、誰が犯人なんだかぜんぜん判んなかったもんなあ。

病状としては、今日もあらかた痛みなし。寝汗はかく。睡眠は90分刻みで目が覚めちゃうけど、別にすることもないし起こされれば起こされたで活動もできるから困らないし、まあいいや。


今日のひさしぶりごはん:

昨木曜日の深夜かな、お茶を汲みにいった食堂で看護婦さんと行き合わせて「調子はどうですか?」と尋ねられて「おかしい、どこも痛くないんですよ」とか言っていたんですが。金曜日の朝は07:00くらいに主治医の先生に起こされて、「じゃあお昼から食事も出しましょうか」ということでガッツ石松ポーズをとる私。経口摂取の食事は日曜以来だぜい。

一週間ぶりの昼御飯 お昼御飯は、全粥、肉じゃが、ブロッコリー、蟹サラダ、ヨーグルトと焙じ茶。非常に愉しい。お粥は相変わらず絶品。肉じゃがは、低脂肪食とてさすがにバラ肉が使えなかったらしくて薄切りロースって嬉しくねぇ、はっはっは。いえ、たいへん美味しくいただきましたのこと。

午後になって看護婦さんに「お昼御飯はどうでした?」って訊かれたので元気よく「美味かったス!」とお返事しておいたのだが、ひょっとすると消化器官の具合いのことを訊かれていた、のかも知れません。知らん。

晩御飯なら一週間ぶり 晩御飯は全粥に梅ペースト添え、たぶん貝柱のチャウダー、山芋の煮つけ、あと野菜果物といった感じ。量がけっこうあるように思えるのは、やはり胃が縮んでいたりするのかなあ。まあいいんだけどさ、いずれ退院したら「少量で1日5食」くらいの生活にしていく心算だし。

それと先生から「飴解禁」の言質を頂戴したので、薬局で喉飴を4袋くらいも買い込んで22:00までにぜんぶ食べちゃいました。はっはっは、だってお腹すくんだもの。明日また買い込んでくるとして、虞膵炎的には無糖製品ということになるのだろうなあ。飴ごときとも思うのだが、いちおう警戒しておきましょうね。


今日のお引っ越し:

お引っ越し先(まだ片づいているほう) 月曜日の入院以来ずうっと豪華個室を占拠してきたのですが、今日から四人部屋に移動になったのはべつに寛解期にあるからとかではなくて、単にベッドが空いたんだろうな。もともと月曜日から大部屋でもよかったような感じだもんね、俺ごときのんびりした患者は。

クローゼットふたつと電動ベッドをごろごろと転がしていくだけのお引っ越しだもので、移動はすぐに完了。ちょっと手間をかけてPCと電源廻りのレイアウトをしてみました。写真ではベッドが壁と平行に置いてあるのだが、これは看護婦さんが暗い中を通りかかる深夜仕様で、昼間のうちはベッドも壁に対して斜め方向に置いてある。そのほうがなにかと便利。

今日まで5本/日だった点滴が明日から2本/日になるようなので、私はいまに輪をかけて暇になるのだ。せっかくPCもネットもあるんだから、なんか悪いことでもしようかなあ。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy