FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2014年4月16日(水曜日): ビバ東洋!
今日の半年忌:

半年忌につきお線香メガ盛り 今日は亡母牧子さんの半年忌にあたるもので、午後から実家までお線香でもあげるべいととことこと訪う。行ってみたら弟が来ていて、せっかくだから父と外食に行くという。韓国料理? 残念ながらそこに付き合っても僕が食べられるのはサンチュと水キムチだけなので、僕はひとりお線香番を決め込むわけさ。せっかくなのでお線香をメガ盛りにしてみました。

白菜定食 お線香のお相伴は、さいきん定番になっている白菜汁。今日は鰹出汁で白菜とベーコンを煮て、すこしボリュームに不満があったのでそのへんにあったキャベツの切れっ端も足した。あとは干し納豆と、空煎りした煮干で黍焼酎など舐めてみる。

20:00くらいに満腹の父が帰宅したものでお線香番は交替して、歌舞伎町Golden Eggの若いひとセッションに顔を出してみました。


今日の肩痛:

人体骨格模型 時間が前後して朝の話なんだが。

先週の水曜日から両肩前側がめったやたらと痛くて、でも西洋医学的には。西洋東洋という切り分けでステロタイプな二元論に陥るのは危険であろうとも思うが、便宜上この用語を使うが西洋医学的には、膵炎由来で肩が痛い、わけがない、らしい。金曜日に行った中病院ではなんとなくスルーされちゃって、月曜日に行ってみた藪病院ではレントゲンを撮られたうえで「骨に異常はありません」とのことでした。ちゃんちゃん。しかし実際に痛いわけだし、けっきょく腹痛用のスルカインと肩痛用のロキソニンを併用するというどうしようもない日常が続いていた。

今日はちょっと前に予約を入れていた中野の揉み療治のかない堂さんに行ってみました。さいしょは例によって雑談で、「ロキソニン必須なんですよう」「あんまりよくないねえ」「使わんわけにもいかんし」「いや、痛みはとりますよ」ってんであちこちもみもみされて、けっく肩痛なくなってやんの、はっはっは。なんだこれ。

話を綜合するとやはり尿酸塩結晶が悪さをしていたようなことで、姿勢がよくない、スマートフォン使いすぎ、みたいな話でしたな。焼酎を飲み始めたらたしょう改善したようなことを言ってみたら、ロキソニンよりは焼酎のほうがなんぼかまし、なのだそうです。


ざっくりまとめると、肩痛で動けないかロキソニンでぼおっとして動けないかのどちらかという壊滅的な状況からは脱したようです。虞膵炎由来のものすごい腹痛もおさまってきているようで、これでようよう社会復帰できそうな感じですかね。ふと振り返るとここ半年ほとんど寝込んでいたものなあ、さすがに干上がりそうですよ。
関連記事
スポンサーサイト





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy