FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2014年3月19日と20日(水曜日と木曜日): 最期の脂身。
今日の電子レンジ:

新型電子レンジ 実家のオーブン電子レンジがぶち壊れたというか、液晶が点いているのをきらって父がいつも扉を半開きにしているもので「それ、いずれセンサー壊れんで」と常々言っていたものがけっきょく改められずにセンサーがぶち壊れましてですね、しょうがねえなほんとに。

それで父が「電子レンジを買ってくる」というのをそこは止めて実家までとことこいって、いちおうのヒアリングの後に僕が新宿まで買いに出る算段をつける。ぶち壊れたほうがけっこうな最新型だったものでうっかりフレッシャーズ用など買われると使い方も判らんことだろうとてそれでけっきょく苦労するのは俺だし、ひとのものでもお買い物は楽しい。

どのみちオーブンは使わないので、なるべくならお皿の廻らないやつで、加熱解凍が基本的にはボタンひとつでできるもの、と思って新宿西口のLABIというかヤマダ電機に行ってみて、父には内緒だが「爺さんが使いやすいやつ」ということで店員さんとご相談してパナソニックの操作とダイヤルが少なめな品を選定しました。残念ながらお皿は廻るのだが、まあいいでしょう。価格はあとで調べたらヤマダ電機のネットのほうが1,000円安かったのだが、たしかヤマダはネット通販との価格競争をやめたというかくっきりはっきりAMAZONとの価格競争に敗れたと記憶しているもので細かいことをいちいちは言わない。

エレックさん 電気屋さんの後は本屋さんだの美術館だのをへめぐって来ようかと画策してはいたいいお天気の午後だったのだが、なにやらまたしても腹がうすら痛み始めたもので、帰宅しておとなしくする。まあしょうがないね。


今日の照明:

新照明器具 その電気屋さんで、天井からぶら下げる式の裸電球ホルダーと、電球形蛍光灯の60 wをひとたま買ってきました。居間の照明がいいかげん老朽化してきたし、ちょいと気分転換もあって取り替えてみようかという心算なのね。足して1,000円くらいで賄えたし。

それで設置してみたら白色の電球形蛍光灯がすこしくお洒落な感じで気に入らなかったもので、生協で100 wのふつうのシリカ電球を買ってきて交換しました。色付き照明のせいでなんか部屋のなかがぜんたいに黄色っぽくなるけど、学生下宿みたいでこれはいい。気に入りましたのでとうぶんこれでいきます。


今日の病状:

お粥丼 腹痛のいきなり入院をやらかして月曜日に退院してきたのだが、退院早々いきなり腹がうすら痛いという残念な事態が出来しておる。入院中は調子よかったんだけどなー。いちおう煙草以外はかなり節制しているし、それでも水曜日の夜にはロキソニンを発動するまでに増悪したりしてこりゃまいったね。

持病の癪の原因はどうやら膵炎らしい。症状が膵炎っぽいのかどうかはよく判らないのだけれど、とりあえず腹はシームレスにうすら痛くて、深夜にかけて腹の膨満感が半端なくて、そのうち盛大に痛み出す感じかな。僕はというと酒は飲んでいないし、主食はお粥でアテはお豆腐とか焼き魚とかそんなものばかり。というかもともとそういう食い物が好きだし「カラアゲの登場しない人生」だもので、ならば身体ベースでどれだけ弱っちょるねんという話なのかもしれません。

そんなわけで、ある日の御飯はレトルトお粥のトッピングに生卵とひきわり納豆とブロッコリースプラウトの刻み。ある日の御飯はレトルトお粥のトッピングに生卵とひきわり納豆とおぼろ昆布の刻みと高菜の刻み、サイドディッシュで鮭の西京焼き。毎日同じものを食べているような気もするが、毎日同じようなものを食べているのだ。

腹痛に関しては2月も3月も10日間規模で入院してこの体たらくなので、ふと思い出して中野の超能力者みたいな揉み療治の先生に連絡をとってみたら、たまさか月曜日の夕刻に予約がとれました。ずいぶん以前、たぶん10年くらいも前に肝臓の調子がデタラメによくなかったときにあちこち圧してもらって、ものすごくラクになったことがあんねんね。西洋医学に見切りをつけるまでは言いませんが、頑張れ東洋医学といまは思っているのです。


今日の病状 (2):

いま木曜日の深夜というか金曜日の早朝04:21なのだが、さいわいあまりどこも痛くないなあ。この調子で日曜日のライブまで保たせられるといいなあ。

The Zirconsリーダーのサンチャゴ田村には「いいからおまえはとりあえず入院するな」と厳命されているのだが、そんなもんしたくてしてるわけでもあるまいしによ。

関連記事
スポンサーサイト





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy