FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2014年2月2日(日曜日): Live!
Live at Alcafe Ogikubo Tokyo

Personnel:
FUJIWARA Takayuki: Chromatic Harmonica, Ukulele
REVIKEN: Piano, Chromatic Harmonica
SUZUKI Masumi: Customer

Set:

  1. Autumn Leaves (F on Harm., R on Piano)
  2. The Days of Wine and Roses (F on Harm., R on Piano)
  3. Instruction about Chromatic Harmonica (F on insturuction, R on Beer)
  4. Summertime (F on Harm. and Ukulele, R on Piano and Harm.)
  5. Straight No Chaser (F on Harm., R on Piano and Harm.)

今日の実は人前で弾いたのは初めてだった:

Straight No Chaser中。 自慢でもなんでもないのだが、私は携帯電話の目覚まし時計でかなり確実に目覚められる人物である。私が定刻に現れなかった場合、それは「寝過ごした」のではなく「目覚ましを仕掛けるのを忘れた」というわけなのね。だから自慢でもなんでもないと言うておるではないか。

今日はハーモニカの藤原隆行師匠を迎えて酔っぱらった勢いで思いつきでブッキングしたアルカフェライブが、19:20くらいに出番のところ18:20に自宅で威勢よく起床しました。アルカフェまでドアツーで30分くらいなので、まあ余裕だな。と思ってTwitterに余裕ぶっこいて「起きたぞ」と書き込んだらアルカフェ店長から「藤原さんもう来てますよ」という返信があって、まあいいや。真澄師匠もいらしちゃっているらしくて、ついでにベースのスワさんがユーストリーム視聴中とやら。まあいいや。そして店長ダンちゃんが「りびさん来ないよう来ないよう」と気を揉んでいるらしきなか、19:20演奏開始のところ19:10に現場入り。まあいいや、あっはっは。


chromatic harmonicas なにしろ酔っぱらっていたのできっかけはさっぱり憶えていないのだが、おそらくはあまり知られておらなかろうクロマチック・ハーモニカのしかもジャズをちょっとでも世間に紹介したいと思ったのだろうな、僕は。するてえと、僕が吹くよりは藤原師匠のほうが千倍上手いんだからしょうがない、僕はピアノに廻ろうかな、ってな企画なのね。クラシカルの真澄師匠が見物にくるわけだわ、こりゃ。

百戦錬磨の藤原師匠が相手なので、打ち合わせは3秒ですませてステージにあがる。それで「枯葉、師匠がテテテ」って言っただけで演奏を始めるのだが、とうぜんピアノソロが来るわな。俺、枯葉のソロピアノって人前で弾いたことねえぜよ、さてどうしようと考えるいとまさえありませんでしたな、はっはっは。そして突然降ってくるフォーバーズとか。はっはっは。いやあ、愉しかった。


ライブの様子は、しばらくはUstreamで観られると思うので(18分目くらいから20分間くらいです)、お暇がございましたら笑ってやってください。いや、藤原師匠はガチです(僕は冗談です)。

※後日追記:YouTubeにアップしてもらいました。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy