FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年7月2日から13日(火水木金土日月火水木金土曜日): おお、自宅やね。
今日のここんとこ:

とりあえずなんかで警察に捕まったときの用心に、ざっくりアリバイを書いておこう。

2日の火曜日: 実家警備員業務でのんびり。
3日の水曜日: 母の突発付添いで大病院に行ったような気がする。
4日の木曜日: 実家警備員業務でのんびり。
5日の金曜日: 歌舞伎町Golden Eggのシーナさんセッションに顔を出して、御大にやたらと褒められる。
6日の土曜日: 実家警備員業務でのんびり。
7日の日曜日: 実家警備員業務でのんびり。驟雨があったので家の前で雨宿りしていた女子中学生にボロ傘を進呈したり。
8日の月曜日: 実家警備員業務でのんびり。
9日の火曜日: 母の突発付添いで大病院へ。
10日の水曜日: 父不在につき本格実家警備員業務+おさんどん。
11日の木曜日: 父不在につき本格実家警備員業務+おさんどん。夜半から池袋エールハウスでタントガッツ鑑賞など。
12日の金曜日: 大病院まで処方箋をもらいにひとりで行って、帰りがけの新宿でちまちまとした機材と、母のベッドサイド用に小さなワンセグテレビなど買い込む。夜は歌舞伎町Golden Eggのsazukuさんセッションへ。
13日の土曜日: ひさしぶりに自宅に帰ってきてごろごろしている。夜はdiglightのセッションに行ったものかどうか、雨も降りそうだし。


今日のよいよい:

母の状態はあいかわらずというか、徐々に動きが小さくなっていく感じでボケも出てきたかもしらん。寝っころがってばかりなのだからある程度はしょうがないのかなあ。父の留守中にケアマネージャーさんがいらしてちょいと話をうかがったら、父がめんどうくさがって簡単なリハビリテーション以外の介護サービスを断っているらしい、なんのこっちゃ。せめて週1回くらいの看護師訪問くらいはあってもいいと思うのだが、頑迷固陋な宇津井健か小林亜星みたいなオヤジをどう説得したものかな。ああめんどくさい。


今日のワンセグ:

ポータブルテレビ w/DVDD せめてボケ防止と思って、ベッドサイドに置く用の小さなテレビを新宿で買ってきました。ワンセグとフルセグが自動切替でDVDドライブが乗って、ひととおりの機能は揃った9インチモデルで15,000円弱ならまあ文句はなかろう。ほんとうはワンセグの電波がベッドサイドまで来ているかどうかが博打だったのだけれども、ちゃんと映っておる。

不思議だったのは、まずワンセグテレビを映したら、これはとうぜん音声も出るのね。それでDVDをかけてみたら、こっちの音声が出ない。あれ? 念のためと思ってイヤホンを刺したら音声は聞こえる。そのイヤホンジャックを抜いてみたら、本体側のスピーカーも生き返ったの。理屈が判らん(アンプが別回路なのかな、くらいならまあなんとか判るが)。

DVD『ミュージカル映画大全集10枚組』 ついでに『ミュージカル映画大全集』という著作権切れらしき映画のDVDが10枚組で1,600円という豪気な品も買ってきました。母がさっそく『錨を上げて』のシナトラとかを嬉しそうに眺めていたので、いい買い物だったんじゃないかな。


今日のセッション:

シーナセッションでの青柳店長の雄姿 ほんとは実家警備員作業が忙しいうえに稼ぎもない(あたりまえだ)もんだからセッションどこじゃないんだけどね、わっはっは、総領の甚六はやはり夜遊びにも出かけるのだった。実家のピアノがボロクソで練習もできないしな、と遊ぶ言い訳ならいくらでも出てくるぜ。人間の屑だな。

5日のシーナさんセッションでは、ふつうのことをふつうに弾いていた筈なんだけど、なんでか御大シーナさんに大絶賛されてしまったのでした。いや、どこが琴線に触れたのかまったくさっぱり金輪際判らないのだけれども、悪い気はしませんね。ってかセッション付き合いがもう5年くらいになると思うけど、褒められたのは初めてだわ、わはははは。


これはsazukuさんセッション こちらの写真は金曜日のsazukuさんセッションで、ホスト(正確にはホステス)のベーシストが20歳ってんでまず吹っ飛ぶわけだが、そこはおっさん(おっさん言うな)の意地でいろいろと仕掛けてみるのはいいとして、たいへん愉しい。

遅くに妙齢の女性が訪ねてこられて「いいですか?」って店長に訊いているものだから「またボーカルのひとかな?」とか軽く思っていたら、トランペットを取り出してマウスピースを温め始めたものだから全員大興奮みたいな。ご本人は「ど下手なんですよ」とご遠慮なさっておられて、確かにリズムも音程もアンブシュアも安定しないが、個人的には音がデカいのが得点でしたね。あとは上手くなるだけ。

それで誰かが「女マイルス登場!」ってTwitterとかに書いてたんだけど、そこはマイルスだかハバードだかミヤシロだかメイナード・ファーガソンだか判らんぞと僕が思っていたのは内緒。個人的な感想としてはドーハムかリトル、かなあ。


ピースの私 おまけで、「おまえはなにをしておるのだ」といわれた写真。
いや、カメラがこっち向くとピースってのは習性でして、まあしょうがないよ。

diglightにて
そして土曜日の夜。
バカなんじゃねえかという以前に、バカだ。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy