FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年4月21日から28日(日月火水木金土日曜日): 恥骨骨折とやら。
今日のリハーサル:

リハーサル風景 火曜日の夕刻から、5月5日の荻窪アルカフェライブに向けてThe Zirconsのリハーサルを例によって神田宮地楽器にて敢行しました。トラをお願いしたフネがいつのまにかいちばんちゃんとした感じになっているのはご愛嬌だな、わっはっは。

終了後に、フネと僕でいつものかんだ串亭にてちょいと打ち合わせなど。てきとうに酔っぱらって東西線で帰宅、と。


今日の大病院:

骨盤 これも火曜日の朝から、腰をいわしたうえに廊下ですっ転んで痛い痛いと先週から言っているよいよいの母を、埒があかないもので大病院に連れていくことにする。具体的には右足の付け根が痛くて歩けない。なんだかなあ。

月曜日の夕刻からあちこちに電話して、行きの介護タクシーをストレッチャー付きでベッドツーベッドということで予約して、大病院とちょっとネゴって待ち時間にケアルームのベッドを貸していただけるようにお願いして、概算費用その他を父に報告する。帰りの介護タクシーは、入院の可能性がないでもないので予約もなんもできひん、そのへんは行き当たりばったりですな。なに、いつもの手口だ。


介護タクシーに車椅子を積み込むときに『サンダーバードのテーマ』を脳内再生していたのは内緒。


火曜日の朝に「ひょっとして歩けねえかな?」とかいう淡い期待を見事に裏切って歩けない母を、介護タクシーのお兄さんが「ベッドから直接ならば、ストレッチャーよりは車椅子のほうがいい。大病院まで20分くらい座っていられるならば」とおっしゃるので、そっちの方針に急遽変更して車椅子で大病院へ向かう。予約などはしていなかったのだが、緊急扱いで受付後にとっととレントゲンは取っていただいてから問診に行ったら、先生が「あれ? これ腰椎じゃないねえ」というのでこんどは骨盤のレントゲンを撮りにいく。「息子さん、ストレッチャーの停止ブレーキをかけといてください」って、なんで俺が操作に通暁しているような話になっているのかは判らない。まあ使い方は知ってるけどね(伊達に緊急入院して院内をぶらぶらしていたわけではないのだ)。

お花見 けっきょく「恥骨と尾骨がちょっとずつ欠けているみたいだね」とのことで、保存療法つまり「じっとしてる」以外にどないしょもない。痛みがなくなったら動いてもいい、ってか動けという話だな。運がよかったのは大腿骨頸部が無事だったことで、こっちをやらかしていたら外科手術だったというのがまだしもかな。

というわけですごすごと帰宅しようにも、文字通り足がないもので、介護タクシーセンターに電話してケアルームツー自宅ベッドを手配してもらって、30分くらいで来ていただく。こちらは正月の第三腰椎圧迫骨折のときの担当のかたがたまたまいらしたのでちょっと安心。あとは自宅に母を放り込んでからリハーサルに向かうわけね。


今日のプチ同窓会:

G組同窓会 土曜日は、1年ぶりくらいで高校の同期で呑みなど神田にて。高校生やってた当時はオトナになればバカとビンボウは治ると思っていたのだが、貧乏はともかくバカは全員治っていないことを確認した。ちなみに7人で、社長が3人と所属長が3人と無職がひとりでしたな。なんか尊敬されてしまったぜ、わっはっは。ちなみに背広6人にアロハがひとりな。わっはっは。

19:00から呑み始めて、二次会に行って、三次会で煙草を買いに出たらどこから出てきたのか判らなくなって、てきとうに時間を潰して始発で帰宅しましたとさ。やはりバカだ。

朝寝をしていた日曜日の08:00くらいに実家から架電があって、なんでか景気よく起き出せたものだから実家まで行ってよいよいの母をお姫さま抱っこして運んだりなんだりする。こんなところでやりたかねえけどまあしょうがねえ。任務終了後にこんこんと7時間ほども眠り続けたのは宿酔のせいだとおぼしいのだが、まず08:00によく起きて動けたよなあ。そこがまず奇跡だな。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy