FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年2月26日(火曜日): 胆管結石3日目、ロキソニン発動。
昨晩は腹痛で酒も飲まずに寝ていたら、初日からアル中の離脱症状に襲いかかられるかわいそうな俺。今日は不眠、寝汗、たまの全身痙攣、軽い幻聴といったところ。それはいいのだが、徐々に痛みが強まっているように思えるのは気のせいだ、きっと気のせいだ。

北海道てんさいオリゴ 話を綜合すると、脂っけと悪玉コレステロールは避けること、消化管のためには消化のよいもの、ということなのだろうなあ、たぶん。
朝食、ご飯と錦松梅、湯豆腐。野菜の類は消化にはよろしくない(お通じにはよろしい)ので、湯豆腐はお豆腐と鱈のみ。
お昼、ご飯と錦松梅、湯豆腐、豚汁少々。豚汁も葉物は刻み葱くらいで、あとは根菜にしておく。
おやつは、逆流性食道炎にお砂糖がよろしくないらしいので、生協でオリゴ糖使用のはちみつもどきを買ってきて、水溶性食物繊維ならいいかと思ってフルーツグラノーラにヨーグルトとはちみつもどき、紅茶にもはちみつもどき。
晩御飯は新しく作った湯豆腐にご飯に錦松梅、豚汁少々。お豆腐は魚沼屋豆腐店で購入した木綿で、1丁170円もするのだが重量も500 g近くあるのでお買い得だし、なにより美味しい。すまんがお向かいのライフで売られているのが同じ「豆腐」だとは思えないのです。
酒を飲まないぶんカロリーが足りないらしくて、夜食にまた湯豆腐とビスケット、えびせんなどいただく。
ここ48時間で血圧が180 mmHgから135 mmHgまで落ちて、体脂肪率は1%、体重も1 kg増えた。

それはそれとして、午後からだんだん痛みが強くなってきて、夕刻まではごろごろしながら我慢していたのだが、ついに堪忍袋の緒が切れてだな、節を枉げてだな、ロキソニン60 mg錠(胃によろしくないと評判の痛み止め)とムコスタ100 mg錠(胃に優しいと評判の胃薬)を投入、50分ほど待っていたらいちおう痛みは治まるわけだが、鎮痛剤(も風邪薬も、つまり対症療法薬剤)はあまり好かんし処方薬を勝手に服用するのもあまりよくないとは思う。
幸いというと怒られそうだが、さいわい明日は母が大病院に入院の運びなので、ついでに胆嚢膵臓内科に行って相談してみるとしましょうか。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy