FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年10月5日と6日(金曜日と土曜日): 時計台のエレベーター。
今日のりびけん史: ひまつぶし。

ところでマウスをワイヤレスにしてみた。 栃木県宇都宮市で15歳まですくすくと育つ。
うっかり東京の高校に受かってしまったもので、青雲の志を抱いて上京して祖母の経営していた四畳半下宿に巣くう。自炊。
ちなみに早稲田大学高等学院に俺がうかったってんで、翌年は母校からバスを仕立てて受験にきたそうな。全員落ちてやんの、ざまあみろ(笑)。
そのうち祖母が亡くなったもので母屋を乗っ取る。
高校3年生の春、同級生のヒライくんに誘われて合唱部に入る。
20歳くらいのときにミス世田谷(ほんとう)が「部屋が手狭になったのでもらってくれ」ってんで、アップライトピアノが転がり込んできたので弾き始める。『Sweet Memories』と『Misty』をボロクソになるまでリハモしましたな。
同時期に大学の合唱団の後輩のトエダくんに誘われて新聞社でアルバイトを始める。業務用ワープロの黎明期で、親指シフトはここで覚えた。
22歳くらいのときに「どう転んでもオスカー・ピーターソンには敵わない」ことに気がついて、クロマチック・ハーモニカを始める。
25歳くらいのときに合唱団の先輩が作った会社に勤める。半年で喧嘩して辞めた。
同時期に全日本ワープロコンテストで優勝して調子ぶっこいて自営業を始める。
30歳くらいのときに失恋してアル中になる。
2000年くらいに突然弾き語りがしたくなってウクレレを始める。半年後にはセンセーやってた。
それでThe Zirconsが2005年くらいからか。

ここ10年くらいずうっと遊んでる。
ここまる1年間は無職だな。なんかで8万円くらい稼いだっきり。


今日のホラー映画:

DVD『Night of the Living Dead』 恐怖映画comより、ゾンビ映画オールタイムベストテン。

10.『処刑山』
9.『死霊のはらわた』
8.『デモンズ'95』
7.『FIDE』
6.『ブレインデッド』
5.『バタリアン』
4.『ショーン・オブ・ザ・デッド』
3.『生ける屍の夜』
2.『サンゲリア』
ときて、1位は『ドーン・オブ・ザ・デッド』。え?


今日のホラー映画(2):

承前だがアル中が酔っぱらうとときどき突拍子もないことをしでかすわけ。
金曜日の夜は泥酔して、ネットでDVDを7枚ほど買ったらしい。朝に届いたので気がついた。

DVD『ディーモン』 DVD『戦慄! プルトニウム人間』 DVD『トリフィドの日』 DVD『人類危機一髪!』
DVD『ムーン・ビースト』 DVD『地球最後の日』 DVD『SOS地球を救え!』
『ディーモン 悪魔の受精卵』は天才脚本家ラリー・コーエンの監督作品。いいじゃん、ラリー・コーエン好きなんだよ。
『戦慄! プルトニウム人間』はMr. BIGの巨大人間譚で、おっさんの巨大趣味爆裂で好きな話だ。
『トリフィドの日』は1960年代のSFならば名作のうちなんだろうな。宇宙から植物が攻めて来るのだが、なんか撃退方法がシャマランの『サイン』と同じだな。まあいいか。
『人類危機一髪!』は『ジャイアント・クロウ』といったほうが通りがよさそうなのだが、ブサイクな鳥がニューヨークを襲う! ほんとはラリー・コーエンの『Q』が観たいのだが市場にないのでこっちで間に合わせておくわけ。
『ムーン・ビースト』って知らない映画なんだけど、特殊メイクがリック・ベイカーなので買ってみました。きっとつまらないに違いない。
『地球最後の日』はロケットが丘からごろんごろんと落ちてくるジョージ・パル映画。パルさんの映画は信頼できるよね、いつも。
『SOS地球を救え!』はアンソニー・ドーソンのマカロニSFで、遠い記憶だと『新幹線大爆破』と同じような話だったような気がする。ぜんぜん覚えてねえ。

とりあえず人生を無駄に過ごす材料が20時間ぶんくらいは増えたな。ふむ。


今日の映画:

ところで、今日のスケジュールに「ひとごろし」と書かれていたのでナニゴトかと思ったのだが、衛星放送で松田雄作版の映画が放映されるのだな。半月前の僕はハイテク機器の扱いに疎かった(いまも疎い)もので、リマインドしておいたわけね。なるほど、賢いようでもまだ子供だが、それなりの知恵はあったようです。


今日の明日:

ところで、ひさびさに自宅で生活しておる(玄関先の郵便物がかなり堆積してちょっとすごいことになっている)。

とかなんとか言いつつ、明日は実家の父が留守だもんで母の昼飯と晩飯のメンテをするために実家に詰めるわけね。なに作ろうかな、鰯でも蒸してみようかしらん。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy