FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年6月3日(日曜日): ジャンヌ・ダルク。
DVD『火刑台上のジャンヌ・ダルク』(1954、ロッセリーニ/バーグマン) 今日はよいよいの母が上野水上野外音楽堂に新妻聖子『朗読活劇ジャンヌ・ダルク』を観にいくというので、付き合ってみました。父同伴、弟夫婦が現地集合、行ってみたらなんでか牛込柳町の叔母がおりましたな。

浅学にして新妻聖子さんというかたを存じあげなかったのだけれども、歌も語りも達者なひとでした。音楽はフラメンコ・ギター(だと思う)とバイオリンとタブラその他のトリオで、これはたいへん気持ちよかった。変拍子がツボに入りましたね。

ジャンヌ・ダルクさんについては基礎的な知識しか持ち合わせていないのだが、2部構成の1部の終わりがシャルル7世の戴冠式あたりだったもので、ああ休憩後は転落するだけなのねジャンヌちゃんと思って暗澹たる気分にはなりました(だから最後に鳩なんだろうかしら)。

そういえば、ほぼ定刻の開演時に本ベルが鳴るとカラスが飛んできて舞台下手の上のほうにとまる。あれ、どうやったんだろうかしら。演出家は知り合いだもので、こんど聞いてみようと思うのです。


終演後、なんかややこしい親族6人して上野駅前で楽しくお食事など。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy