FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年11月30日(水曜日): ぶらんぶらん。

ライブのお報せ:

明日12月1日の木曜日、19:00からの荻窪アルカフェアルカフェスタ☆Ukulele Relax vol.4】に出演して、ベースの河村ピロリくん相手にどーでもいーようなことを20分間ほど演ります。

とりあえず、

  1. 家とカサ
  2. 悲しくてやりきれないレゲエバージョン
  3. サンタが町にやってくるボサノババージョン
  4. 上を向いて歩こうブルースバージョン
  5. 年下の男の子ブルースバージョン
あれ?

今日の大病院:

なんだかんだで07:00くらいに叩き起こされて、母の大病院行きに付き合わされる。タクシーで病院に乗りつけて、なんか足許が覚束ないという母への「平気だよ転んでもここ病院だから」というまっとうな意見は却下されたので、しょうがないからそのへんにあった車椅子をお借りしてそれを押しながら移動する感じ。まあこれはこれで楽だな。かつて入院中にあんまりヒマなんで車椅子で病院内練り歩き遊びとかしていてよかったな、なんの不自由もないのでした。

処置室で点滴中の母が下半身にお茶でもこぼしたらしくて、「パンツとスパッツを買ってきてくれ」という。えーと。とりあえず総合受付まで行ってそれらしき売店の場所をうかがって、行ってみたらパンツはある。スパッツのほうは、なんかパンティストッキングというのはあるのだがスパッツがなくて、通りがかりの子連れのお母さんに「ちょっと教えていただきたいのですが」と言ってみたら「いえ、あたしはお店のひとではないので」と仰るのを「いえ、女性ならどなたでもよろしいので」と無茶苦茶なことを言ってパンストとスパッツの違いを教えていただいたりなんかして。ありがとうございました。

それで10:30には終わる筈って聞いていたものがなんでか病院作業は15:30解散までずれこんで、ダッシュで(嘘)両国に向かう。


今日の国技:世紀魔II

順子が席をとりすぎたのだかドタキャンが出たのだか知らないのだが、とりあえず席が余っているというので両国国技館で開催のというイベントに行ってきました。到着時点でなにも知らなかったんだけど、コンサートの収益は日本赤十字を通じて被災地に贈られるとか。赤十字かよ、なんてことはもちろん言いません。

同じくロハできているアイカタは若手美女タレント志望だったか(でら久しぶりなので憶えていないがそんな路線の美女)の愛ちゃんね。役得というとおっさんだろうか。おっさん言うな。


出演バンドは4つで、ぜんぶで二十数曲も演奏されたと思うのだが知ってたのはRebeccaの2曲だけでしたな。でもおもしろかった。

Man with a Mission
お名前すら存じ上げなくて申し訳なかった、狼と熊と死神さんのバンド。ブリティッシュをルーツにするんじゃないかなあと思うのは間違っていたらごめんなさい、3曲15分はいかにも残念でした。もそっと聴きたかったの。
cali≠gari
ヘンタイのひとたち。クサすわけではまったくなく、こういうのは小さいライブハウスで聴いたほうがおもしろいのかな、とも思いました。
NOKKO
ラスト、四半世紀前の『フレンズ』は、僕も若い時分にピアノの先生をやっていたときに生徒さんにリクエストされてピアノソロにしてみた曲ですね。これ出てくるかと思いましたよ。お元気そうでなにより(そんな齢じゃねってば、NOKKOさん)。
世紀魔II
正直、「あ、ジーン・シモンズがいる!」とか思っちゃうわけだが、ライブは初見でこんなにユーザー・フレンドリーな人たちだとは思っておりませんでした。正直いうと曲を通しで聴かせていただくのも初めてだったのですが、よかったと思います。
それで、ノッコさんのステージではツレと一緒にですね、2階枡席最前列で下は壁ってのの柵が円円円円みたいななまぬるい仕様になっていたので、バーの下から足を壁面におろして2階の端に座って愛ちゃんと僕が両足をリズムに乗せてぶらぶらさせながら手拍子とりながらステージを眺めていたら、NOKKOさんが花道を僕らの目の前まで来ちゃってこっちを見ていた、ので係りのひとが気づいちゃったらしくて、「あぶないからヤメてください」って怒られました、申し訳ない(なにも危なくないことは措いといて、ご心配をおかけしたことの対して申し訳ない)。以後気をつけますが、NOKKOさんに対しては明らかにウケていたので問題ありませんね。

今日の明日は明日:

あ、譜面書いてないや。


後日追記:

USAカニバケツ with 閣下。 町山智浩『USAカニバケツ』ちくま文庫 まったくの偶然なのだが、当日の車中文庫で持参した町山智浩『USAカニバケツ』の「もっとあとがき」をデーモン閣下が書いておられて、コシマキに御尊影もあった。こういうのは信者の皆さんはご存知なのかなと思って順子に見せてみたら知らなかった。ひょっとすると『パタリロ!』の文庫版で解説を書いておられることとか、その『パタリロ!』に「でいもんこぐれ陣岳」として出演されていることとか、はまあいいか。

ちなみに通販だと帯は付かないのが通常だと思うので、趣味のある信者のかたは書店へGo!


さらにまったく関係なく、ウチの近所の自閉症のよっちゃん(ヨシオくん)は閣下の在世時代に高校かなんかの同級生だったそうで、「コグレくんあんなになっちゃって」と喜んでおりましたな。「こんどデビューします」とかはがきを貰ったそうな。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy