FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


今日のハイツィス: 西川貴教さんのこと。
CD『宴 -UTAGE-』 パツコからの質問で「テノールの音域の上限ってどれくらい?」というのがあって、どうやらT. M. Revolution西川貴教さんがニューシングル(だと思う)『UTAGE』のコーラスパートでHigh-Cis(上の上のドのシャープ)を朗々と歌っているのが「男声としては高すぎやせんか」ってんで気になったのだそうな。

解題のいちとしてクラシカルの合唱だとそうさの、ト音記号の上にハミだしたAのあたりがきちんと歌えるとテナーがドヤ顔する感じだとお返事しておいた。いちおう手許の三善晃さんと新実徳英さんのいくつかを確認してみたので、さほど間違ってもおるまいて。僕も調子がよければというエクスキューズ付きで、high-Aならたまに出せることがある(もとより演奏会で使えるレベルで出るという前提で、たまにそういうこともあるという話なので実用性はない。そんなところでバクチは打てません)。男声で実声のhigh-Cis(つまりさっきのAのみっつ上)となると、もう専門のソリストの領域だと思うのだがどんなものだろうか。

それで思い出したが、西川さんって高音でファルセットに逃げることが(恣意的に使うファルセットと逃げるファルセットがあるという前提において、平井堅はあまり逃げていないが森山直太郎は逃げることを前提に曲を作っているふしがあると思う、という意味で)一切合財金輪際ないね。ナイスな質問をありがとう>>パツコ。話が逸れた。

話を戻すけど合唱団の一般常識からは離れると、たとえば三大テノールの売りのひとつがhigh-Cなのだから、西川さんがその上をいっているという解釈も可能ですな。High-Cisで張れるなら「至高のハイツェー」じゃなくて「至高のハイツィス」とか言うもんな、たぶん。ちなみにテノールのさらに上の音域を歌うカウンターテナーというのがあって、こっちはその上のEくらいまで出るらしいが、カウンターテナーの人たちは地声も高いしたぶん高音専門なので、西川さんとは違うんだと思うんだな。


フィジカルな話:

「人間の声帯の長さは身長に比例する」という説はあって、声帯の長短はそのまま音域の高低につながりますね。もちろん声帯の長いほうが、身長の高いほうが低い声が出る理屈である。補足として解説しておくと、三大テノールとかのガタイがデカいのは単に音域が広いから、証左としては犬のちっこいのはキャンキャンいうじゃん。

蛇足だが、身長166 cmの俺が下の下のCだか、うっかりするとAbくらいまで出しちゃうのはこの理論からするとおかしいのだが、中学生時分の成長期に自転車乗りまくってた(北海道一周とかそういうレベル)だったので足が短くなったので身長が減った、という仮説はもっています。


メカニカルな話:

PS-6 BOSS ピッチシフター/ハーモナイザー Harmonist 世の中にはハーモニクス・ディレイとかハーモナイザーとかいう科学のちからを使った機器があって、たとえばリアルタイムで歌っているところに、さらに曲のキーに合わせて3度とか5度とかを乗せることができます。エルトン・ジョンのソロ・ライブなのにハモりが聴こえるのがこれ。たぶん西川さんのライブでも多用されていると思うし、なにしろ本人の歌をリアルタイムで加工するのでタイミング完璧という利点もあります(本人がハズすと、三和音なら三声揃ってハズすわけですが)。


ちんこまつりTシャツ2010 とかなんとかいいつつ、僕は昨年のちんこまつりでは西川さんの実声のhigh-Eを聴いたような気もするのだが、気のせいかしら。自信はありません。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
僕もHigh-Eを聴いた気がしますw

僕は男性にしては音域広いほう(下のソから上の上のレくらい?)だと思ってるんですが、High-Cより上をあんだけパワフルに使えるのは、ただただ尊敬です

単純に楽曲の音程の高さだけならUVERworldとかの方が高いかなーと思いますけど、西川さんはライブでもCDと変わらないですもんね。。。しかも安定してるし。
2011/11/20(日) 09:04:17 | URL | tyatopon #-[ 編集]
High-E説に1票。
やっぱし。

あたしゃ勝負どころが違うので、したーのほうで精進します。
2011/11/20(日) 10:22:37 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy