徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年9月5日(月曜日): 狂犬の目にまっすぐな道ばかり。
廃炉招福 ごく遅い午前中に起床、なんでか疲れておる。

朝、いろいろ乗せ丼兵衛、
昼、茗荷と卵仕立ての雑炊、
夜は鶏鍋。

基本的に部屋干しなので、雨天が続く今日子の頃はお洗濯ができません。Tシャツとかアロハとかパンツとかたくさんあるので着るものには不自由しないのだが、お洗濯物がどんどん積み上がっていくのがなんだかなあ。


今日のセッション:

Stand Up! Japan 昨日はなんの気なしにウクレレで『Run for Cover』を弾いていたら、Twitterでsazukuさんが「Run for Coverが脳内ループ」って書いていて「へえ」とか思っていたら、別のベーシストさんが「さっきまで練習していました」とも書いていて、思わず反応するうちに「これは歌舞伎町Golden Eggのアオ店長の怨念が働いているのではないか」という話になって、よせばいいのにsazukuさんが「今日はオールナイトでセッションやってる」というのを思い出しちゃって、じゃあってんで深夜からちょいと顔出してきました。

いや、リズムセクションがいいと愉しいな、って俺もいちおうリズムセクションの筈なんだがまあいいや。それで始発で帰宅してみたら、判りやすく手指のあっちこっちに血豆と火ぶくれ。手加減なしでピアノを弾くとこうなります。


今日の野良犬:

DVD『野良犬』 黒澤明『野良犬』を、なんか妙に気にかかるものだから今日は字幕を外して観てみたら、面白いんでやんの。さては字幕がなにやら邪魔をしていたのか、それともリドリー・スコットの映画と同じで「1回目だとぴんとこない」クチなのか。

あまり本筋とは関係ないのだが、倉庫っぺりでハーモニカの古典奏法で『ドナウ川のさざなみ』を吹いていた兄ちゃんは何者だったのだろうか。ダイアトニックのハーモニカでなら再現可能な奏法ではあるのだが、僕はタンブロックとかベース奏法とかできませんのです。


今日の暇つぶし:出演時の年齢篇(誤差堪忍)。

DVD『東京物語』 『野良犬』の三船敏郎:28歳
『野良犬』の志村喬:45歳(え?)
『椿三十郎』の三船敏郎:41歳
『太陽にほえろ!』ボス就任時の石原裕次郎:38歳
『黄色いリボン』のジョン・ウェイン:41歳
『フルメタル・ジャケット』のハートマン軍曹:43歳
『東京物語』の笠智衆:48歳
『終身犯』のバート・ランカスター:48歳
『水戸黄門』就任時の東野英治郎:61歳
『狼よさらば5』のチャールズ・ブロンソン:73歳

いまのトレイシー・ローズ:43歳
今日の『水戸黄門』の浅茅陽子:60歳
ブルース・リーが生きていたら:70歳

あと『ベンジー』の犬を調べてみたら17歳だったのだが、いくらなんでも嘘だと思う。


今日のじぇらしぃ:

ところで、新しい腕時計を注文したとたんにですね、行方不明だった旧腕時計が(寝床の下から)発見されてやんの。

まあそんなもんか。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy