徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年9月2日(金曜日): 泥鰌に失礼だぞとぞ思う。
痛い。 さて、10日あたりのお給金の日までの所持金が、本日帰宅時点でかなり正確に1,576円プラス玄関先の小額貨幣だまりってわけだ(家の出掛けに小銭を捨てていくボックスが設置されているの。マネークリップ+ポケットに小銭という生活だと必然的にそうなる)。いちにちで割ると、200円ってなものか、なんか愉しいな。茗荷でも売ろうか。

手許には、煙草が3箱、豆腐が2丁、コシヒカリが2 kgに調味料たくさん、裏庭の茗荷はそろそろ店じまいってなもんか。まあなんとかなるでしょう、いつものことだ。そういえば9日の金曜日までにお給金が銀行に入っていないと定禅寺がちょいヤバいが、足と寝床はもう支払ってあるから大丈夫かなあ。大丈夫さ、今までだってなんとかなってきたじゃありませんか。


今日の陽のあるうち:

Stand Up! Japan 朝は妙に早起きしてしまって、07:00からお風呂を遣って、08:00から落合駅上のデニーズで朝御飯をいただいて、10:00前には音羽屋に到着。それでお仕事をするふりをしているうちにお昼になったので、社長を伴ってお昼御飯目指して街に出る。そんでどうしようかっていろいろ悩んだわりにはいつもの四川料理の川国志で、僕は麻婆豆腐定食、社長はモヤシラーメンセットかなにか。社長が僕の麻婆豆腐をこっそり激辛指定しようとするのを水際で阻止して「普通辛」にしたのだが、この普通がやたらめったら辛くてですね、隣に座った派遣OL風味のお姉さんが「麻婆豆腐の、あまり辛くないふつうのを」と注文しているもので思わず「ふつうでも辛いスよ」とか口出ししてしまう。結果お姉さんは「いちばん辛くないのを」と注文しておられたが、見た目はそれでも充分に真っ赤でしたな。いちおう人類が豆腐風情に負けるわけにもいかないので完食しましたが、このセンテンスの「辛い」は「ツラい」と読んでいただいて構いません。いや、美味いことは美味いんだけどさ、美味いもんが辣油に漬かっていると思っていただいてだいたいOKなわけさ。

お仕事のほうは、BB84とBBM92がごっちゃになっている箇所があったので嬉しそうに赤ペンを入れていたら、社長に「そこまでコミットせんでよろし」と言われてちょっとがっかりする。スパイ小説とか大好きなのにな、残念なことです。


今日の日暮れ時:

隅の老人 18:00くらいにゃ暗くなるんだから、てっきり秋になっても構わないと思うんだけどなあ、今日は蒸し暑かったことでした。

なんかハヤカワ『隅の老人』が手許のは初版であることに気がついて、まあだからどうしたということはないのだが、むかし読んだのもこの版なのかなあ。中学生時分に読んでいたころとは違って犯人判りまくりですな(もとより15歳のときに読んだ内容なんか憶えてはいないので、それなりに僕も成長したということなのでしょう)。この件はまた書きます。
DVD『野良犬』 黒澤明の『野良犬』は、じつは台詞が聞き取れないもので最後まで観たことがない(借りてきて、劈頭を眺めて滅茶面白そうなので、5回がところは借りてきて全回挫折で後半を知らないという次第)。今日はふと思いついて「日本語字幕がついてるかも」ってんでレンタル屋さんにいってみたら、ついてやんの。さっそく借りてきました。でも『アンストッパブル』をあと日本語吹替で観てから英語字幕で観る予定もあるのだった。まあいいや、1週間はあるわけだし。
あ、いかん仕事入った。ちきしょ。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy