FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年5月25日と26日(水木曜日)、どこ吹く風。
今日もセッション:

でたらめの宴 けっきょく火曜日の夜は、歌舞伎町ゴールデンエッグのフリーセッションというか、フリージャズみたいなものを演るセッションに行ってきました。久々のフリーはやはり楽しいなあ。個人的には「自分からはパターンを作らない」「目立つところをのがさない」というあたりを心がけているのです。

水曜日の夜は、歌舞伎町ゴールデンエッグのサトシくんのセッションに行ってきました。こっちは『Chicken』がレゲエだったりなんでか『Stand by Me』を歌ってみたり歌詞を忘れたり、無茶振りでどん速い『All of Me』をコードオルタードで演ってみたり。あとは曲をそんなにはご存知ないらしい鍵盤さんがいらしたもので『Watermelon Man』の弾き方講座などしてみたり、ぜんぶ白鍵で弾く『D Jam Blues』とか実演してみたり。みんな熱心に付き合ってくれるあたりが、ホストの人徳でしょうなあ。


Stand Up! Japan 今日もビジネスランチ:

先日に大江戸線の車中でお見かけして、20年ぶりなのにあまりの変わらなさに「まさか本人じゃねえよな」と思いつつ声をかけてみたら「前田くん、変わらないねえ」って言われたミヤザキさんは、なんでか新宿センタービルの上のほうにオフィスを構える大社長に出世していた。

後日架電があって「昼飯でも」とおっしゃっていただいたこともあり、今日はとことことセンタービルまで行って、なにやらご馳走になりつつまずは思い出話など。ええと、オニヅカさんやイソガイさんがどうしたの、ハヤシさんとかエビサワくんとかどうしてるかねえとか、チーちゃん死んじゃったよとか。ご本人は還暦を迎えてなお意気軒昂な感じでなにより。

あとはお仕事の話で、特に僕に振るという話ではなかったのだが、どうやら今日は面接でしたかね。なんか面白そうだぞ。それと、The Zirconsのライブの宣伝などもちゃっかりとしておく。こっちも期待できそうな感じですね。


今日の放射線被曝:

バカにする気もないのですが 音羽屋ではのんきらしく「マイクロシーベルトも聞かなくなったけど、そのうちミリシーベルトも聞かなくなるんだろうな」とか恐ろしい話をしていたりするのだが。でもよ、とりあえず20 mSv環境に一般市民が長く晒されたことはないのだから、「20 mSvならばなんとか安全」とかいう説に根拠はない。言ってるやつは無責任か阿呆か無責任で阿呆かのどれかだ。たぶん最後のやつだな。


フレドリック・ブラウン『天の光はすべて星』ハヤカワ文庫SF 今日のブラウン:

>>一番いけないのは反動というか、保守派というか、まるっきり目先のものしか見えずに、なんでもすぐ金になって返ってこないことには時間と労力の浪費だと思っているばかどもだ。

フレドリック・ブラウン『天の光はすべて星』(Fredric Brown、1953(ハヤカワ文庫SF、田中融二訳、1982))より。

今日の晩御飯:

Cloud Nine A, DVD付き Cloud Nine B, 曲数が多い Cloud Nine C, ブックレット付き ちょいと新中野に野暮用があったもので、ニュースで見かけていた銀龍というお店で炒飯などいただいてみる。言うほどめちゃくちゃ美味いわけでもなかったけど、文句もないなあ。それで元締に炒飯を奢ってあげたら、T. M. Revolutionの新作アルバム『Cloud Nine』を2セット、初回限定生産A版とB版、を貰いました。えーと、どう違うのだかよく判らない。DVDだけちょっと観てみたら、オープニングのBGMがジョン・カーペンターのベンベン風味でまず気に入りました、ってそこかい。

そのあと弁天上のブックオフにも寄ってみたのだが、今日は収穫なし。それであとで気がついたら弁天では久方ぶりのパンチセッションだったんだな、顔くらい出しておくのであった。


今日のThe Zircons


いい加減だが楽しそうだ。
あるいは、楽しそうだがいい加減すぎる。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy