FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年12月29日(水曜日)、Mond Cane.
23:30、起床。目茶苦茶である。
09:00、第二起床。これはこれで目茶苦茶やな儂。

朝食はてきとう。10:30から音羽屋勤務の仕事納めで、行きがけの東西線のがらがら具合にちょいと驚く。そうか、年末なのねって気づいておりませんでしたよ私。お昼ごはんは烈士洵名で細麺の醤油ラーメン。17:00に終業して、18:00くらいまでぐうたらとネットサーフィンなどしてから帰宅、ひとりウチアゲ開催。

Colorio EP703A 大富豪邸のプリンタが年賀状の刷りすぎかなんかで壊れたらしくて、どうせ寿命だからってんで修理はせずに新品を買うことにしたらしい。前がEPSONのPM-A970かなんかだったと思うので、EP703Aあたりをお薦めする予定。実買なら20,000円を切っている筈だから、うっかり修理なんかするより安上がりなんじゃないかな。


This Christmas Sucks! ChristmasのT.M.Revolution西川貴教さん:

  1. ちんこまつりのレポートで面白かったのがこちら。いろんな人がいるなあ。

  2. そういえば下北沢の会場前でダベっていたら、見知らぬ兄さんが寄ってきて「50円で煙草1本分けてください」ってんで、50円はいらないからゴロワーズを1本進呈しました。うん、総員そろってガジェットのたぐいはどこかにしまっているのでしょうがないさあ、それで僕は煙草とライターをビニール袋に入れて持参してたわけ。「ついでに火も」「火は200円です」って悪魔か俺は。

  3. その兄さんは野郎ライブの初回クワトロにもいらしていたそうなのだが、昨年は所要で欠席。8年連続の俺が威張る威張る。ついでにふたりして「2年目」のtyatopon相手に威張る威張る。あはははは。

  4. 下北沢で思い出したが、もののネットによるとキャパ600かそこらのところに、販売されたファンクラブチケットが510、一般販売分が10だったそうな。大丈夫、算数ができなくても音楽はできます。

  5. そういえば品川には小学生が、下北沢には爺さんがいらされた。爺さんのほうは野郎ライブ@クワトロで見かけたのと同一人物だな、たぶん。


今日の知見:

うんこ犬

  1. 実はながいこと「Born Shit」だと思っていたのだが、「Bullshit」でしたね。意味としては間違ってないからまあいいや。

  2. 地下鉄南北線の英語アナウンスで、たぶん乗り換えの話題だと思うんだけど「Please change your ナントカ Touzai Line」とかのナントカが聞き取れないのです。なんて言ってるんだろうかしらん。

  3. 「フラ」は「ダンス」を意味するから「フラダンス」という呼称はおかしい、というのは知っていました。単に「フラ」と言えばよろしい。
    「サハラ」も「ゴビ」も「砂漠」を意味するから「サハラ砂漠」「ゴビ砂漠」という呼称はおかしい、というのは今日知ったの。たぶん「The Sahara」とか「The Govi」とか言うんだろうな。
    そういえば本多勝一はdesertのことを「沙漠」と表記していたような記憶があるが、理由がさっぱり思い出せない。なんだったっけかなあ。
    ああ、筋肉痛が痛い。

  4. 工学系の論文を読んでいたら「室温程度の373K」という表現が出てきたのだが、そういうものなのだろうか。なんかカーボンナノチューブの焼結とかしていたみたいだけど、それ室温じゃないよなあ(カップヌードルが茹だるぜ)。摂氏でも華氏でもないのは判るが、平仄が合うとなるとニュートン度か。いまどきまさか。
    ついでだけど、ナノ工学の話なのに基板に直径100メートルのドットを空けちゃっている研究者さんがいらっしゃいましたな。たぶん100ナノメートルだと思うんだけどな、100 mなら100 mで勢いがあってたいへんによろしいとも思ってしまいましたとさ。

  5. 都知事選は来春に予定されていると思うのだが、音羽屋で「誰が出んねやろ」みたいな話になって、ちょいと調べてみました。話半分だが、そのまんま東、蓮舫、円より子、猪瀬直樹、海江田万里、長妻昭、舛添要一、まさかの村木厚子、ダークホースで外山恒一、出るか出ないか元エロ小説家のくせにエロ表現を駆逐しようとしている石原慎太郎は次期も勤めあげると82歳になる。なんかどうでもよくなってきちゃったんだけど、そういうわけにもいかないしぃ。

  6. HTMLいじりのほうは、フリーでJHE日本語HTMLエディタというのを見つけて試用中。ちょっといい感じかもしれない。ダウンロードしたとたんにLHAが開けないことに気づいたのだが、いまさら必要なのかなあ、この機能。


今日の計画性:

二郎さん 年末年始に向けて、と。

  1. なにはなくともお掃除。ってかここ1週間で45リットルの炭酸カルシウム袋を10個ほども供出しておるのに、なんで片づかないのだ(答え: 自業自得)。年初初週は提出はできないと思うのだけれど、とりあえずまとめて風呂場につくねておくとしましょうかしら。風呂は実家で入る、と。

  2. PCとAV廻りのレイアウトと配線はぜんぶやり直すこと。ってか床で黒いうねうねがとぐろ巻きすぎ。Windowsの悪鬼羅号にかまけてLinuxのタッキー号に手がついていないので、USBストレージとか大活躍させて使える環境(付: 親指シフト)にまではもっていきたい。あと、ぶち壊れた旧型機はひょっとしてバッテリか電解コンデンサを入れ換えたりしたら動き出しやせんか。実験してみる価値はあるなあ(本格的にLANを組む破目にはなるのだが)。まあディスプレイとキーボードは余りきっているわけなので、なんとかなるでしょ。

  3. 元旦は実家詣でと、初詣で二郎さんのお墓参り。犬のこととてなんの御利益もないのだが、10年来の習慣なので流されておくことにする。3日はリコのお引っ越しのお手伝いに行ったり行かなかったり(人数によるわな、そりゃ)。行かなかった場合には実家に叔母と伯母が来るのでご挨拶などしに行くが、どうせお年玉なんかくれるわきゃねえずら(いや欲しいわけではないが、くれたら嬉しいとは思うのだな。あるいは誰かにあげてみっか)。

  4. 音羽屋の仕事はじめは1月6日の木曜日。たぶん13:00出仕な感じで、のんびりしたことだ。カレンダー通りだとすると12月31日終業、1月3日仕事はじめとかいう会社もあるんだろうなあ、風邪ひかない程度に頑張って日本経済を支えてくださいな(僕はハタから眺めています)。


今日の『小さな恋のメロディ』

Sound Track 懐かしいものがTOKYO MXにかかっていたので、途中まで眺める。たしか小学生時分あたりにどんどこ淀長が紹介していたような記憶があるし、たぶんノベライズとか買って読んでたぞ。中学生くらいのときにちょっと好きだった女の子がいて、この娘がピアノを弾くもんで「前田くん(←当時のリングネーム)、『Romance Theme in F』の譜面書いてくれない?」ってんでいそいそと書いた記憶があるぞ。ちなみにin CならFmaj7始まりの「ミファラド|ミー」で、メジャーセブンスというものに触れたのはこれが最初だ。人に歴史あり。
ついでに書いておくと、いまならランニングタイム以下で書けるが、当時は3時間だか5時間だかかけたような気がする。人に歴史あり。

もののネットで調べてみたら、脚本がアラン・パーカーだったのね、知りませんでした。どうりで子どもファンタジーのわりには悪意ありすぎだと思ったわけだわ(『エンゼル・ハート』大好きなんですよ)。あと、僕はジャック・ワイルドを誰かと間違えているみたいなんだけど、誰なんだんべ。『小さな目撃者』はマーク・レスターだし、えーとそのー。なんかヒドい目に遭う子どもの役をやっていたようなそんなような気がするのだが。

あとなんでか『少年メリケンサック』(東京12チャンネル)とか眺める。バンドものの映画はたいがい面白い(池内博之くん / 三池崇史師匠の『ブルースハープ』は劈頭のブルースを端折っていたので音楽映画として失格)。ざっくり『Blues Brothers』は音楽映画じゃなかったらトロくさかったかもしれないし、『コミットメンツ』とかなんであんなにラストがショボいんだとか『オール・ザット・ジャズ』のロイ・シャイダー公演ははたして成功だったのだろうかとか『うた魂♪』はもうちょっとどうにかなっただろうとかいろいろ言いたいことはありすぎるのだが、好きなもんはしょうがありませんな。なにしろ他人ごとじゃないわけだしさ。いまんとこ『リンダリンダリンダ』優勝、『Swing Girls』準優勝って、それでいいのか俺。


晩御飯、今日も湯豆腐(KY)。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy