FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年10月24日(日曜日)、私は湿気と暑さと寒さと乾燥に弱い。
今日のひつまぶし:

子孫生誕でめでたい横ヤン家では、赤児が泣いてもお父さんは目が覚めないそうなので、まあお母さんがなんとかしてはいるのだろうけれども「赤児が泣くと横ヤンが目覚めるシステム」を作ってあげようかなと思って企画してみました。いやヒマなんで。

赤児のほうのセンサーはまず音声トリガーでいいとして、ついでに液体(導電)センサーも仕込んだら面白いのかもしれません。さいきんのオムツの状況を知らないので、ここは検討だな。横ヤンスイッチのほうにはワイヤレスで飛ばせばいいのだが、赤ちゃんの近所でデンパ飛ばすのもなんなのでとりあえず有線で作っておきましょうか。後刻無線化するのもらくちんだし。

横ヤンサイドではベルを鳴らすのが早いのだが、それだとよく考えたら「ベビーベッドに拡声器をつける」だけで済んでしまうので曲がない。やはり電撃か放水でしょうね。爆発物を仕掛けるとかAEDの安全装置を外すとかも可能なので、そこはお父さんとご相談だな。よし、だいたいできた。

予算としては、音声認識パネルが秋葉原で千円くらいであった筈。あと小間物で千円、外装にきちんとしたケースを買うとこれが千円。ハンダゴテとニッパとネジマワシはあるからここは無料。放水システムにするなら電動スプリンクラーが5,000円くらいなんだけど、とりあえず電撃を電灯線の100ボルトで済ませればここはタダだな。なに、死にゃしねえよ。


今日の朝飯:

2010年10月24日の朝御飯 お塩は大屋根の先生が大量に送ってくれた(ひょっとして敵なのかな)ものでふんだんにあるとして、ウコン粉(ターメリックですね)とコリアンダーが不足するなか(誰に催促しているのでしょうか)、てきとうに目玉焼きを焼いてパセリとセージとローズマリーとタイムを振りかけてみました。なんか懐かしい感じ(判るね?)。なんかエスニカルになってしまったのだが、けっこう美味かった。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コスト高だが。
電撃でも放水でも、そこはお父さんと楽しく御相談すればいいと思うんだが(できればSASの解消やダイエットにつながる仕掛けだと喜んで使ってくれるかも)、問題はセンサーの誤作動だな。めったやたらと狼少年でお父さんの目を覚まさすと、しまいにゃ身体がもたないでスイッチ切られちまって意味ないしな。

既知とは思うが、こういうの聴覚障害者の世界では昔から実用化されていてだな、実物を一度拝見させてもらった事があるんだが、なかなか面白くて、しばし遊ばせてもらいましたよ(赤ちゃんの泣き声を模倣して反応させるのが意外と難しい)。

商品は3万円くらいすんだけど、聴覚障害者同士の結婚ってのも多いので、結構売れているみたい。おそらく赤児にも安全な(そういうのあんのか?)電波なんだろうから安心そうだしな。以下、商品の説明文。

『 赤ちゃんの泣き声を感知した時、無線信号を発信し受信機に知らせます。泣き声は内蔵マイクは、感度スイッチにより4段階(Off、低、中、高)の感度に調整できます。また、感知する泣き声時間を4段階(1秒、5秒、10秒、20秒)に調整することができます。機嫌の良い時に出す大きな声や周囲の音に誤作動しないように工夫されています。』
2010/10/25(月) 07:42:55 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
ネット(楽天だが)にあったね。
センサと電撃システムが別売だから50,000円くらいになるのかな? そういえば「欲しいと思ったものはたいがい市場にある」の原則を忘れていたよ、ご教示多謝。

あと余所で「赤ちゃんが30秒以上動かない場合にお報せ」という製品を発見。なるほど(ちと怖いが)。
2010/10/26(火) 18:30:52 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy