FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年8月26日(木曜日)、YAESUかTRIOか井上電機製作所。
どん兵衛 今日の小ネタ:

  1. AM3Dって言っても誰も知らねえよな。措いといて。あたしゃFT401Sを違法改造(10W→100W)して使ってました。措いといて。

  2. 音羽屋社長が「ホメオパシーってなに?」と訊くので、基本的なところは教えてあげる。ってかインチキ系なら俺の専門分野だ。
    話の半ばで「減感作療法みたいなもの?」というので、そいつを知ってりゃ話が早い、ただし使うのはネズミの糞とか甲子園の砂とかだけどな、というほうにもっていく。
    「そんなもん信じるほうがおかしい」とある意味での正論も出てきたので、民間のレベルは驚くほど低い(たとえば某会合で100人ほどもいたなかで、音速(340m/s)と絶対零度(-273.15℃)を知ってたのが俺だけだった。ついでに日本学術会議が警鐘を鳴らした意味も説明した)、タキオン入りの煙草ケースとかモーツァルトを聴かせた水とかほんとに売れてんだぜ、ホメオパシー協会には本物の医者もうじゃくじゃおるんで、とも言っておいた。
    疑似科学療法の蔓延危惧については詳説しなかったが(「"まったく効果のないマクロビ"みてぇなもんか」とは言った)、このひとにその話はしなくても大丈夫だろう。



    正直に書いておくと、龍さんの『B型ですけどナニか?』がでぇ嫌いだ。虫酸が走る。根拠のない分類でひとをはかることを差別というのだ、文句あっか。ないね(「ネタにするだけでもダメなこと」もあるのだ。判ってくださいますね)。

    あるいは、某所ライブを眺めていたらボーカリストが「水に愛情をこめた言葉をかけると美しい結晶が、罵倒すると汚い結晶ができるそうです。僕のうたで皆さんのなかの水分が美しくなるように」とかMCこきやがったもんだから、気持ち悪いから帰ってきちゃいました(あんときもトリに龍一さんいたな。そこで帰っちゃったもんで聴けませんでした、残念なり)。

  3. アメリカのコネチカット州の綴りって、余計な"c"が入ってんのね("Connecticut"なら「コネクチカット」って読むわな、俺なら)。知らなんだ。
    ついでに「Detroit」って書いてあったら俺なら「デトロワ」と発音するが、間違ってるのかな(いや間違っているわけだが)。
    アメリカついでで、アリゾナで脱獄した1人がとっつかまってあと2人がまだ逃げ回っているニュースの続報を捜してみたけど、まだ逃げてるみたいね。その間にアリゾナでまた脱獄したやつがいるのも発見、入獄するならアリゾナに限るな。ってかザルか。

  4. 火曜日のライブ前に、かっちゃんに「重湯の翌日にモツ喰ったんスか? バカじゃねえの」って言われた。だからバカだっちゅうとるの最初から。

  5. 朝食は丼兵衛天麩羅蕎麦にいろいろ乗せ。お湯を沸かしたのだがミトンが行方不明だったもので、とりあえず着ていたTシャツを脱いで薬罐の把手に巻き付けてお湯を注いでからまたTシャツを着た。どこいっちゃったんだろ、ミトン。

  6. DC3 落合駅の近所で、Avilex USAのボーリング・シャツのバックに「Operation Overload 1944」(ノルマンジー上陸作戦ですな)とでっかくプリントされたのを着ているこてこての日本人を見かけました。いまさら言うけど「それ日本人が着てていいのかな」とか思わないでもなかったのだが、よく見たら判りやすいサンダーボルト機が爆撃している下のほうにヒノマルが描いてあった。イラスト描いたやつ、殺したろかと一瞬思う残暑ざんしょ。
    書いたか書かなかったか忘れたので書いておくと、『コンバット!』のホワイトルーク・チームもノルマンディーから上陸しておる。ということは『プライベート・ライアン』をやってるあっち側でサンダース軍曹とかリトルジョンとかが上陸して、そんでフランス国内でヒドい目に遇っていたわけね。


今日の夏休みみたいな:

なんか退院以来、体調はよろしい。食欲はあるしお通じは絶好調だし髪の毛は増えるし、乳房のハリも申し分なし。

冷梅 昼飯はちょっとおごって水道橋「かつ吉」でカツ丼にしてみました(ランチなら1,000円)。いつもの赤だしナメコ汁もお代わりして、馬に食わせるほどの量で出てくるサラダも完食して、肝心のカツ丼もさすがの美味なのだが、豚ロースの脂がちょいと僕にはキツかったかな。太らないわけだ、まあ仕方あるまい。食後の散歩で後楽園の成城石井を「通り抜け」したついでに伊藤園の「梅涼み」という梅酢飲料の500mlペットボトルを2本買って、音羽屋のお土産にしてみました。美味けりゃご相伴、不味けりゃ道連れという心算だったのだが、出仕後に飲んでみたら夏っぽくて美味かった。


音羽屋勤務のほうは13:00開始で、わりとヒマ。
  1. ヤレ封筒から切手部分を切り取ってなんかの社会事業だかボランティアだか団体に送る(と世界のどこかでなにかいいことが起こるらしい)というハサミ仕事を30分、
  2. テキストデータのない論文(言ったか言わなかったか忘れたが、いちおう学術雑誌を作っているんだなこの俺が)の英文梗概とその和訳のテキストデータ作成が60分、
  3. 近所の和菓子屋さんで水菓子を買ってきてお茶にして、ついでに煙草休憩で30分、
  4. 3年前からほっぽってあった「古紙タワー」を「古紙包み」に作り直して紐で結わえて集積所に持っていくってのが60分(集積所のシャッターがひっかかって開かないので苦労していたら、通りがかりの兄ちゃんが手伝ってくれた。てっきり日本人だと思ってお礼を言ってみたら、日本語はいっさい使わない中国人留学生のかたでした(中央大学かしら)。うむ、ものごっつ久し振りに英語とか喋っちゃったぜ)、ってのは今日のいい話。
2008年だったっけかしらん ってこれ、中学生のアルバイトでぜんぜん勤まっちゃうあたりを大汗かいてやってる35歳って、それでいいのか俺様は。

ついでに書いておくと入院中にですね、自分の年齢をひとつ間違えていたことを発見しました。ここ何年か「ひとつ多く」勘定しておりましたな、間抜けです。


夜、なんでか歌舞伎町Golden Eggのチッコ相馬セッションに顔を出してみる。上手いんだけどなに弾いていいか判んない感じのピアノの兄ちゃんがいらしたので、2分だけ時間をもらって「ワンコードのソロ講座」とかやっちゃいました。うん、バレないように「1に4と5と7を混ぜる」ような話で、次回があれば「8+と6-を混ぜる」話もしたいような。

あと、「左手だけでソロをとる」というのを演ってみました(『ゲゲゲ』の影響)。わりとなんとかなるなあ。楽しかった。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy