FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年8月24日と25日(火曜日と水曜日)、The Zircons Live with 満緑全席!
The Zircons live at 四谷三丁目Sokehs Rock feat. 満緑全席

1st Set: 満緑全席

  1. Aquarius
  2. 石狩挽歌
  3. Johnny Guitar
  4. ひと夏の経験
  5. 個人授業
  6. Georgy Porgy
  7. From Russia with Love
  8. Summertime
  9. やさしい悪魔
満緑全席さん 満緑全席さん

The Zircons
2nd Set: The Zircons

  1. So Much in Love
  2. So Young
  3. Sixty Minute Man
  4. 恋の季節
  5. 溶解人間デブ
  6. Popeye the Sailor Man
  7. Teenager in Love
  8. In the Still of the Night
  9. I Wonder Why
  10. The Boy from New York City
  11. Please Mr. Postman
  12. Sh Boom
  13. The Closer You are
  14. Looking for an Echo
  15. また逢う日まで
  16. Goodnight Sweetheart Goodnight (Encore)


みどりーぬ姐さん

火曜日は四谷三丁目ソケースロックさんでジルコンズのライブでした。対バン(相方のバンド)には僕の仕込みで満緑全席さんをお願いして、バカテクの大笑いで鼻が高かったことでしたよ。いや俺の手柄じゃねえけどな、横ヤンが目を輝かせてヒロちゃんのキーボードに見入っていたのが印象的でした。

20:00開始で18:30開店のところ、17:00くらいにお店に到着してみたら店員さんと横ヤンが「新婚横ヤンのろけ話」などしている。バカバカしくってやってられっか。そんなこんなで儂らのリハーサルは「ああ、マイクで喋ると音が出るねえ」くらいのことで終わらせて、満緑全席さんには「好きなだけ演ってくれていいですからね(そのぶんThe Zirconsの出番を減らせば済むことだ)と言い置いて、ジルコンズ面子と「ただのお客さん」など伴って近所の無々といういつもの飲み屋さんにて「リハーサルのウチアゲ」などする。キャベツとベーコンを重ねてただ焼いたみたいなやつ(そんなわけはない)がやたらと美味かったので、こんど作ってみよ。

というわけで18:00から飲み始めて20:00くらいには人間的に完成されてべろんべろん満緑全席さんのステージなど眺める。特殊ピアニスト界に轟名を馳せるヒロちゃんのピアノがめっさ上手いのは承前として、発想がアホでバンド全体がバカテクなのが素晴らしいなあ。フランク・ザッパを思い出さないでもない感じで、紹介してよかった。

The Zircons The Zirconsのほうはですね、要するに18:00から21:00までずうっと呑んでてからのライブなわけで、俺なんか泥酔してたもんね。『Sixty Minute Man』では客席に乱入してお姉ちゃんを口説きながら歌いーの、『I Wonder Why』では構成吹っ飛ばしてサビ抜きの演奏とかしーの、終わりのほうはよく憶えてねーの、まあしょうがねえかな。


水曜日、09:00爽やかに起床。ゴミだ資源だのを新宿区に(中野区民なのだが新宿区に)提出して、お洗濯もして、シャワーも遣ってから早めに音羽屋出仕。携帯電話を携帯するのを忘れたのだが、これで心置きなくシルバーシートに座れるってものさ。

とりあえず飯田橋ラムラの粥麺屋さんで「甘エビと貝柱の粥」(こいつがいちばん具が多い)などいただいて、15分後に音羽屋に着いてみたらまた腹が減ったものだからココイチに行ってお持ち帰りの「エビ煮込カレー(ハーフ、社長のぶんも買ってきた)」って、どんだけエビが好きなんだって話だな。そんなことを考えながらも仕事はする。考えるな。

18:00くらいに音羽屋は辞して、そういえば5年くらいも音羽屋に通っているのに入ったことがねえなと思って「安い、でかい、美味い」という看板のかかっている近所の小石川の煮込みとモツ焼き「遠州屋」さんに寄ってみる。どこを切っても昭和。客おっさん。肉じゃががほんとうに甘辛くて気に入りました。


帰宅して、携帯し忘れていた携帯電話を開いてみたら着信もメールもありゃしねえ。なんだ、持ち歩いてなくても構わないんじゃないか。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy